百花天 – 日本の百貨店

1930 年から 1931 年までの東京での 1 年間の売上高では、デパートは 60,000 の小売業者のうちわずか 18 の小売業者を占め、繊維アパレルの総売上高の 69% と小間物の総売上高の 59% を占めていました。大正時代! 大正末期、中小小売業者が貿易規制を求め、1938年12月に初めての百貨店法が成立しましたが、太平洋戦争が勃発すると百貨店は悪名を馳せ、営業できなくなりました…

この法律は 1947 年に最終的に廃止されました。 活動を再開することができました。 1960 年には、約 152 万平方フィートをカバーする 310 店舗があり、1966 年までに店舗数は約 152 万平方フィートをカバーする 310 に増加しました。 1966 年には約 225 万平方フィートに 364 店舗があり、1971 年には 385 万平方フィートに 477 店舗があり、その後も急速な開店と拡張が続いています。

戦後は戦前の旧上流階級が衰退し、店舗の拡大により一般客層がさらに拡大し、高層階には「特売場」が設けられて一般客を惹きつけた。衣料品や雑貨などの必需品を大幅に割引されたクリアランス価格で販売します。

そのため百貨店は小売の最前線にあり、高級品から大衆向けの商品まで幅広い商品を提供していました。 風格ある食堂や大型遊具まで備え、家族の憩いの場としても人気を博しました。 しかし、1980年代以降、スーパーマーケットやコンビニエンスストアとの激しい競争に苦しみ、次第に存在感を失いました。 しかし、デパートは国の文化的保守主義のいくつかの側面の城壁です。 有名デパートへの商品券の配達は、日本では正式なギフトと見なされます。

衣料品売場の上層階(約2~4階)に婦人服売場を設置。 多くの場合、複数の階にまたがっており、レベルに応じて、若い人、大人、女性など、顧客の年齢層を区別しています。紳士服エリアは、婦人服エリアの上(4 階または 5 階程度)にあります。 . スーツなどのビジネスウェアを中心に、昭和のエリートスポーツとして一世を風靡したゴルフウェアも取り扱っています。

家庭用品エリアは、紳士服売場の 1 階 (5 階または 6 階) にあります。 デパートでは、着物、和装小物、時計、子供服、スポーツ用品、おもちゃ、文房具、書籍、日用品、家具、電化製品、レコード、CD など、幅広い商品を販売しています。

ショールームは、多くの場合、最上階または最下階(6 ~ 7 階程度)にあります。 駅弁大会や国産品の展示会、美術展などのイベントが随時開催されます。 昭和時代(1926~1989年)には、夏休みや冬休みに子ども向けの展示会が開催されることもありました。 レストランは最上階にあります(大型店の場合は数階になることもあります)。 いくつかのレストランがグループ化され、たとえば「レストラン街」と呼ばれることがあります。 アルコールを含む夕食を予定しており、他のフロアに比べて閉店時間が遅くなる場合がございます。 上層階からの景色を楽しむことが主な目的のため、窓は他の階よりも大きくなっていることが多いです。

開館時間は通常、午前10時から午後8時までです。 店は週に 1 日、多くの場合平日に閉まることもあります。

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。