短観は、産業の景況感が悪化していることを示しています

[東京 23日 ロイター] – 月曜日に発表された日本銀行(日銀)の「短観」調査によると、日本の主要産業企業の経営陣の信頼感は第3四半期に悪化した。脆弱な景気回復。

世界経済の減速に対する懸念もまた、コロナウイルスの健康危機の影響から回復するのに苦労している日本の輸出依存経済の見通しを曇らせています。

ただし、7 月から 9 月にかけてサービス セクターの信頼感がわずかに改善したため、わずかな改善が見られました。

中央銀行の調査によると、大手製造業のセンチメント指数は 6 月の +9 から 9 月には +8 に低下しましたが、コンセンサスは +11 でした。

主要な業界幹部は、ビジネス環境が今後 3 か月で改善すると予想しています。

(パリからの社説)

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です