研究者は新しいデータ送信記録を打ち立てました:1ペタビット/秒

— Connect World / Shutterstock.com

日本の情報通信研究機構(NICT)の科学者チームは、インフラストラクチャと互換性があると言われている光ファイバーケーブルを使用したデータ伝送の新しい速度記録を打ち立てました。

目がくらむような流れ

念のため、1 ペタバイト これは100万ギガビットに相当します。つまり、この新しいレコードで達成された速度は、世界で最もサービスの行き届いた地域の個人が現在利用できる速度の約100,000倍です。 でも米国の宇宙機関 取得しません the »ネットワークで400Gb/ s ESnet6 2023年に使用する必要があります。 日本のチームによると、1Pb / sの速度で、理論的には8Kの解像度で1,000万のビデオストリームを同時に送信できます。

の機会に提示レーザーと電気光学に関する国際会議2022、この新しい記録には、いくつかの新しいテクノロジーの使用が含まれていました。 それか ガラス繊維 使用されたものは、通常の代わりに4つのコア(信号を運ぶガラス管)を備えていましたが、D-Division Multiplexing(WDM)と呼ばれる技術のおかげで、伝送帯域幅を史上最高の20THzに引き上げました。

この帯域幅は、一般的に使用されるCバンドとLバンド、および実験用Sバンドの3つのバンドにまたがる合計801の波長チャネルで構成され、チームの信号は記録的な速度1.02 Pb / sに達し、51.7kmのファイバーを介してデータを送信しました。光ケーブル。

– Dmitry Rybin / Shutterstock.com

大きなメリット

科学者が出てきたのはこれが初めてではありません NTIC データ送信のペタビットしきい値を超えています。 2020年12月の時点で、チームは単線光ファイバーケーブルと15インチのエンコードされたデータを使用して1.01 Pb/sの記録を打ち立てました。 ファッション “。

この偉業は印象的でしたが、データをデコードするには複雑な信号処理が必要でした。つまり、このテクノロジーを大規模に使用するには、特殊な集積回路を設計して展開する必要がありました。

新しいアプローチは、高速であるだけでなく、現在のシステムで読み取ることができるコアごとに1つのモードでのみデータを転送するという利点もあります。 クアッドコア光ファイバーケーブルは標準ケーブルと同じ直径(0.125mm)であるため、既存のインフラストラクチャおよび製造プロセスと最も互換性があります。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です