福岡ワールドから撤回されたオープンウォーターでの25km

この夏、イタリアで開催された 25 km ヨーロッパ オープン ウォーター チャンピオンシップの悲惨な運営に続いて、国際連盟は水泳のマラソン選手の士気をさらに低下させました。 プレスリリースで、フィナは来年の夏に日本で開催されるワールドカップのプログラムからのイベントのキャンセルを正当化した.

様々な関係者と協議した結果、25kmのオープンウォーターイベントは中止することが決定されました。 決断は簡単ではありませんでした。 Fina 事務局は、過去 2 回の世界選手権でこのイベントへの参加者が少なかったことと、このイベントが地元の組織委員会にもたらす運営コストを無視できませんでした。追加する前に国際パネルを書き込みます。 オープン ウォーター スイミングは引き続き盛況であり、Fina は 25K の新しい機会を模索し続けています。 実際、Fina は現在、新しい長距離路線のコンセプトに取り組んでいます。 »

この決定は明らかに人々をうんざりさせました。 2 度のフランスの世界チャンピオンであるアクセル レイモンドは、ブダペスト世界選手権の 25 km (非オリンピック距離) で 53 人の水泳選手が 1,500 m で 46 人が競い合ったことを Instagram で簡単に思い出しました。 Twitterで、ブラジルの偉大なチャンピオン、アナ・マルセラ・クーニャも驚きを表明し、「 相談されませんでした » Fina Athletes Committee のメンバーである場合。

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。