福島から11年経った今でも、日本は原子力に依存しています

初めて、日本人の大多数は、日本政府が望むように、群島のエネルギー依存を減らし、その気候目標を達成するために、原子炉を再起動することに賛成しています。

2011年の福島第一原発事故以来、日本では原子力発電が話題になっています。 この国の悲劇的な事故に続く数年間、互いに続いたさまざまな世論調査は、原子力に対する一般的な敵意を開くことを証言しました。 しかし、現在の状況ではカードが入れ替えられたようです。

諸島の主要なビジネス新聞に掲載され、 ブルームバーグ。 逆に、回答者の38%は、サービスを停止したいと考えています。

9月に実施された同様の世論調査では、日本人のわずか44%が原子炉の再起動を支持していると述べました。 しかしそれ以来、人口はウクライナでの戦争によって煽られたエネルギー価格の上昇に直面しています。 これはおそらく意見の変化を説明することができます。 先週、政府はまた、地震後の寒波とガスおよび石炭火力発電所の停止による東京地域での大規模な停電の可能性について警告した。

原子炉を再起動します

福島第一原発事故後、日本の54基の原子炉すべてが停止したとき、日本の原子力発電の将来は明らかに危機に瀕していた。 しかし、2012年後半に政権に復帰するとすぐに、安倍晋三首相はセクターの復活を提唱し、特定の原子炉の再起動を要求した。

現在、このセクターはまだ回復期にありますが、福島の再稼働後に導入された新しい安全基準を満たす33基の原子炉のうち10基が国内で再開されました。 そして昨年6月、40年以上前の原子炉が初めて運転を再開しました。 3基の原子炉も建設中です 世界

約20基の原子炉はまだ解体されていませんが、他の原子炉は今後数年間で再び使用できるようになる可能性があります。 とにかく、それは、昨年10月に世界第6位のCO2排出国である日本がその気候に対応できるように「原子力発電所を再開する」ことが「重要」であると考えた岸田文雄首相の願いです。目標を設定し、そのエネルギー依存を減らします。

原子力は2019年の群島の電力生産のわずか6.2%を占め、2011年以前の30%から減少しました。その結果、国は主に石炭や液化天然ガスなどの化石燃料に目を向け、現在では世界最大の輸入国となっています。 。 政府は現在、発電における原子力エネルギーの使用を2030年までに20〜22パーセント増やしたいと考えています。 目標:10年の終わりまでにCO2排出量を26%削減し、2050年までにカーボンニュートラルを達成します。

中性子原子炉

日本も将来の技術に依存しています。 1月、日本原子力庁と日本の実業家である三菱重工業(MHI)は、ビル・ゲイツによって設立され運営されている米国企業であるテラパワーとの覚書を発表しました。

日本グループのプレスリリースによると、三菱重工は、2028年までにワイオミング州(米国西部)に建設される予定のこの第4世代原子炉の「技術支援と開発への参加の可能性を評価する」とのことです。 三菱重工は、この先進的な原子力プロジェクトに協力することで、「日本の原子力イノベーションの進展に貢献するための専門知識とノウハウを集める」ことも意図していると述べた。

推定40億ドルの費用で、半分は米国エネルギー省によって資金提供されており、TerraPowerのナトリウムプロジェクトには、345メガワットのナトリウム冷却高速炉の建設が含まれます。 このいわゆる「育種」技術は、使用済み燃料元素からのプルトニウムを再利用することを可能にするはずです。

それにもかかわらず、日本の原子力発電の復活は一夜にして起こることはありません。 人々はこの問題について意見が分かれたままです。 そして、群島でのさまざまな再開プロジェクトは、依然としてしばしば厳しい地元の反対と激しい訴訟に直面しています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。