福島:原発の処理水を海に放流する作業が始まった

周囲

8 月 4 日、東京の電力会社であり、福島第一発電所の主要運営会社である東京電力は、原子力災害の後、処理水を太平洋に放出するための施設の建設を開始した。 その水は、沖合約 1 キロの海底トンネルを通って海に流されます。これは、水が海岸から直接投棄された場合、間違いなく大きな批判になるであろう批判を緩和することを期待して下された決定です。

実際、福島第一原子力発電所は、汚染された水を保管するスペースの不足という増大する問題に直面しています。 国際基準に従って希釈され、現在の技術では抽出が困難なトリチウムを除いて、これらの放射性核種が除去された状態で放出されます。 ただし、目標のトリチウム濃度は、飲料水中のトリチウム濃度に関する世界保健機関 (WHO) の基準の 40 分の 1 になります。

作業の完了は、気象条件により操業が遅くなる来年の春または夏に予定されています。

関連記事

(動画は下記リンクよりご覧ください。放送より プライムオンライン 2022年8月4日)

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

原子力発電所
福島

放射能

FNN

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。