秋葉原の有名なアーケードからセガの名前が消える

2021年の終わりに、SEGA(SEGA Sammy)は、COVIDによる億万長者の損失を発表し、エンターテインメント部門(SEGA Entertainment)の株式の85%を別の日本企業であるG​​endaIncに売却しました。 2022年、同社は残りの15%も売却しなければならず、50年以上の献身の末にアーケードセクターとの関係を終わらせました。 さて、今週末、このトランザクションの最後のレグが行われました。

秋葉原(東京、日本)の伝説的なアーケードは、金曜日にセガの名前で寝て、土曜日に新しい名前のGiGO(Genda “GiGO” Entertainmentから)で目覚めました。 6階建て以上で、60年代に建てられたこの有名な赤い建物は、日本の田舎を旅したすべてのゲーマー、オタク、コスプレイヤーの巡礼の場所でした。 それは確かにそのようにとどまりますが、今ではOutRun、Virtua Fighter、Daytona USA、そして私たちの子供時代からの他の多くのアーケードゲームの作成者を参照していません。

そして今、セガ?

Blue Hedgehog Companyはもはやアーケードを所有していませんが、アーケードマシンを製造および販売することはできます。 しかし、日本でも業界の将来は危機に瀕しているようです。 パンデミック後、全国で合計4,022のゲーム会場が登録され、1986年の26,573から増加しました。90年代後半までにSEGAが1,000を超える場所を持っていた縮小事業。

ビデオゲーム開発者としてのセガの将来は間違いありませんが(途中で新しいオープンワールドのソニックもあります)、アーケード市場との関係はまだ見えていません。 長年の思い出をよろしくお願いします。建物に別れを告げ、会社へのサポートと感謝の気持ちを表したファンの数をお見逃しなく。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。