競輪は日本人とパンターを狂わせる

ヨーロッパではあまり知られていませんが、このサイクリングレースは、オリンピックでそれを見るためにあらゆる努力をした日本人に非常に人気のあるスポーツです。

日本では、フランスの競馬のように、競輪大会が必死の賭けの舞台となっています。 プレーヤーは、ジャケットやヘルメットに明るい色を着ているランナーの進歩を熱心にフォローしています。 トラックでは、今週水曜日(午前8時から)、東京から130kmのベロドローム伊豆での光景が叫びや侮辱なしに家にいます。 250mのリングでは、レースは2つのステージに分けられます。ゆっくりとした行列で、最初の1400mに集中します。6人のランナーのペースは、原付(原付)のコーチによって調整されてから、パワーが増加し、ハートビートのパニックが発生します。フルスピードの説明のために、せっかちな獣が解き放たれ、フィニッシュから625m(2周半)。

競輪は柔道や野球(女性版ではソフトボール)と並んで日本人に人気のあるスポーツの1つです。 ジェネシス。 「世界初の競輪が開催されました…

この記事は購読者のみを対象としています。 あなたはまだ71%を発見する必要があります。

あなたの自由を育むことはあなたの好奇心を育むことを意味します。

最初の月は€0.99で記事を読み続けてください

すでに購読していますか? 登録

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です