第4回アフリカ野口英世賞は、チュニスで開催されたTicad 8(8月27-28日)で贈呈されます (…)

アフリカ野口英世賞は、アフリカの感染症やその他の病気と闘うための医学研究や医療サービスにおいて顕著な成果を上げ、人類に貢献するアフリカの人々の健康と福祉に貢献した個人または組織を表彰することを目的としています。

医学研究部門もそうだった 勝者は次のとおりです。

-D サリム・S・アブドゥル・カリム (南アフリカ共和国)、

南アフリカエイズ研究センター所長(略称「 カプリサ “) ; コロンビア大学メールマン公衆衛生大学院のグローバルヘルス教授 ; 南アフリカのクワズール・ナタール大学のプロ副学長(研究)。

D カライシャ・アブドゥル・カリム (南アフリカ共和国)、

CAPRISA副科学部長 ; ニューヨーク州コロンビア大学メールマン公衆衛生大学院疫学教授 ; 南アフリカのクワズール・ナタール大学副総長(アフリカ保健)。

ギニアワーム根絶プログラムは、医療サービス部門で認められました Dが議長を務める野口英世アフリカ賞委員会(PHNA)委員会による 黒川清 GRIPS(政策研究大学院大学)名誉教授。

第4回アフリカ野口英世賞の授賞式は、内閣総理大臣が司会を務め、 チュニス (チュニジア) で 8 月 27 日と 28 日に開催されるアフリカ開発会議 (TICAD 8) の期間中に開催されます。

受賞者の各カテゴリーに提供される基金は、日本政府の基金と民間、日本、および国際基金によって資金提供され、総額 1 億円または約 100 万米ドルに上ります。

◊ ◊ ◊

.

> ドシエ: ここで私たちの会議に関するすべての私たちの記事を見つけてください
TICAD 専用の CMAAP 4

.


ビデオ: ここをクリックしてご覧ください
私たちのCMAAPのリプレイ 4,
会議
アフリカ大使
6月28日にパリから
TICADに専念し、
アフリカにおける日本の協力

.

◊ ◊ ◊

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。