第8回Ticad Forumでアフリカの起業家が日本市場を制覇

公開日:

アフリカにおける開発に関する東京会議である Ticad の第 8 版は、今週の日曜日、チュニスでの作業を終了しました。 この 2 日間で、日本からの 100 人を含む 300 人近くのビジネスマンが将来の投資を求めてやって来ました。 参加した少数のスタートアップ企業にとっては、新しい市場に取り組み、日本との既存のパートナーシップを拡大する機会でもありました。

チュニスの特派員とともに、 リリア・ブレイズ

会議や本会議の周辺では、起業家の Foued Kamel が先を急ぎます。 彼は水陸両用機の原型である Ticad を日本人に見せたいと考えており、文化都市チュニスの庭に原寸大で展示されています。 当社の航空機は、8 時間で最大 1600 キロメートル飛行し、海上の穏やかな場所に着陸できます。 チュニジアの軽飛行機スタートアップ Avionav の創設者である彼と彼の兄弟は、新しい市場である日本の領土に参入することを望んでいます。 “ 投資はすでに行われており、技術や設計に多額の投資を行っているため、顧客と新しい市場を探しています。 」と、Foued Kamel は説明します。

アフリカ企業が日本の投資家を惹きつける

公共交通機関のデジタル ソリューションを専門とする新興企業 Data Integrated Limited を率いるケニアの起業家、Mary Mwangui 氏は、日本のパートナーシップのおかげでプロジェクトを開発することができました。 トヨタとのパートナーシップは非常に幅広く、一方では彼らが私たちに資金を提供し、とりわけ私たちは彼らのエコシステムとも連携するデジタル ソリューションを構築しています。 そのため、製品を販売する際に、トヨタと協力して顧客を獲得することもできます。 »

そして、アフリカ大陸は日本の民間部門にとって非常に魅力的です。 2021 年には、アフリカ大陸の新興企業への投資が 2020 年に比べて 3 倍になり、常に新しい企業が生まれています。

►こちらもお読みください: Ticad Forum: 日本は健康やグリーンエネルギーの分野でアフリカでの地位を確立しようとしています

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。