米国の雇用の伸びが期待を上回った後、ドルは上昇

金曜日の米ドルは、予想を上回る米国の雇用報告が、タイトな労働市場が連邦準備制度理事会に金利の引き上げを促す可能性があることを示唆した後、通貨バスケットに対してわずかに上昇した。

非農業部門雇用者数は先月39万人の雇用を増やした、と労働省は金曜日に注意深く監視された雇用報告で述べた。 ロイターが調査したエコノミストは、5月に労働力が325,000人増加すると予測していた。

他の6つの主要通貨に対するグリーンバックを追跡する米ドル通貨指数は、ジョブレポートに続いて102.19に達した後、0.2%上昇して101.91になりました。

米国の上級エコノミスト、マイケル・ピアース氏は、キャピタル・エコノミクスの声明で、予想を上回る雇用の伸びは、労働力の回復の中で賃金の伸びが鈍化し始めていることから、経済が依然として強いことを示している。

「賃金の伸びは依然としてFRBの2%インフレ目標と一致する率をはるかに上回っていますが、それでもFRBが次の2回の会合で利上げを50ベーシスポイント上げるのを止めることはできません」とピアス氏は付け加えました。

FRBは今年、利上げを4分の3パーセントポイント引き上げました。ほとんどのFRBの政策立案者は、次の2回の会合のそれぞれでさらに0.5パーセントポイントの利上げを支持しています。

連邦準備制度理事会のラエル・ブレイナード副議長は、高インフレを連邦準備制度理事会にとって「最大の課題」と呼び、木曜日、物価圧力が緩和されない場合は、1パーセントポイントあたり少なくとも2回以上の半日利上げを支持すると述べた。

投資家は、同業他社のバスケットに対して20年近くの高値を維持しているグリーンバックについてさまざまな見解を持っています。

ドイツ銀行の通貨調査のグローバル責任者であるジョージ・サラベロス氏は、ドルは「安全なリスクプレミアムの価格は非常に極端であるため、長期にわたって耐えることはめったになく、現在は解き放たれている」と述べた。

強気のアナリストは、FRBの引き締めサイクルは、特にロシアの石油禁輸後、ユーロ圏経済に打撃を与える可能性があるヨーロッパよりも強力な成長ストーリーに基づいていると主張しています。

ドルは0.5%上昇し、3週間以上の高値である130.46円となりました。日本銀行(日銀)が超低金利政策を維持したため、5月の日本通貨は20年ぶりの安値を大きく下回りました。

黒田東彦日銀総裁は、最近のインフレ率の上昇は主に商品コストによるものであり、一時的なものとなる可能性が高いため、大規模な金融刺激策を逆転させることはないと繰り返し述べた。家計所得の伸びは弱いままでした。

暗号通貨では、ビットコインは2.5%下落して29,676.05ドルになりました。これは、市場価値で世界最大のデジタル通貨が、30,000ドルを下回る販売圧力の発作を乗り切るのに苦労し続けたためです。 (SaqibIqbalAhmedによる報告;JonathanOatisによる編集)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。