米国は北朝鮮との対話を望んでいる – La Nouvelle Tribune

アメリカ政府は、との対話を求めている 平壌 ミサイル攻撃に対抗するだけでなく、この地域での限られた軍事能力を確保することも決定しています。 これは、金曜日の国家安全保障会議でのホワイトハウス戦略通信コーディネーターによる定期的なオンライン記者会見で述べられました。 ジョン・カービー. “この点に関して、北朝鮮との直接の接触はありませんでした。彼は、状況を打開するために当事者間の可能な協議を引用して言った.

我々は、朝鮮半島の非核化に向けて取り組むため、北朝鮮との対話を引き続き求めていることを明らかにした。 この提案に応答しませんでした。 カービー氏は、北朝鮮との非核化合意に達することが「究極の目標」だと述べた。私たちは対話を提案し、提案し続けていますが、 […] 前提条件なしで、私たちは日本と韓国で十分な防衛力を確保するために懸命に取り組んでいますホワイトハウスの当局者は強調した。 彼は報告した: “私たちは、この地域での諜報能力を強化しており、今後もそうしていきます。“。

「この発射は懸念されますが、米国に脅威を与えるものではないと結論付けました」と彼は付け加え、日本がICBMとして分類したミサイルの北朝鮮による金曜日の発射に言及した. しかし、カービー氏は次のように明言しています。 そして、それは心配です。 開始が失敗または部分的な成功に終わったとしても、彼らはまだ学んでおり、プログラムは進化しています。 もちろん、それは半島だけでなく地域全体を不安定にします。 カービー氏は、北朝鮮の核計画は「順調」であり、弾道ミサイル計画は「急速に改善している」と述べた。

ロケットの打ち上げについて

北朝鮮は金曜日の朝、日本が大陸間弾道ミサイルに分類するミサイルを発射した。 最大高度6,000kmの垂直軌道で約1,000km飛行し、日本の排他的経済水域である北海道の西約200kmに着陸しました。 日本の防衛省は、このようなミサイルが通常の軌道で発射された場合、15,000km 以上移動し、米国本土に到達する可能性があると推定しています。. 打ち上げは、北朝鮮の崔善姫外相の声明の翌日に行われた。 彼女は、北朝鮮が、カンボジアでの三者首脳会談で韓国、米国、日本の指導者によって合意された米国の抑止強化に比例して対応すると強調した。 (カップ)

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です