経済:日本は大規模な刺激策を採用する


u日本は過去最高の56兆円(5000億ドル)の大規模な復興計画を採用すると、岸田文雄新首相は11月19日金曜日に発表した。 岸田文雄氏はテレビ局に対し、本日遅くに政府の承認が見込まれるこのパンデミック関連のパッケージは、「日本人を安心させ、希望を与えるのに十分だ」と語った。

2020年後半から日本で最初、パンデミック発生以来3番目の復興計画は、家計支出、投資、企業向け貸付の70%で構成されています。 これには、以前の救援計画に割り当てられたが、現在まで使用されていない資金が含まれます。

18歳以下の青少年個人ボーナス10万円

地元メディアによると、最も壮観な措置は、18歳未満の若者と不安定な状況にある人々のための10万円(約770ユーロ)の個人ボーナスである。 岸田文雄氏は、政府と連立連立の会談で、「パンデミック後の社会復帰に役立つ経済対策をまとめることができた」と述べた。

政府はまた、当時のCovid-19の復活により、2020年後半から中断されていた国内観光補助金プログラムを2022年初頭に再導入する予定です。 これはまた、消費と、パンデミックと進行中の国境制限によってひどく打撃を受けたホテルとレストランのセクターをサポートするはずです(外国人観光客は現在も日本から締め出されています)。 危機の影響を受けた中小企業への財政援助も計画されています。

また読む日本:岸田、連続性の変化

日本のGDPは第3四半期に再び低下しました(第2四半期に対して-0.8%)。これは、デルタバリアントの影響と、業界に重くのしかかっている世界的な供給不足によるものです。 これは、月曜日に発表された暫定的な数値によると、予想よりも悪化しました。 しかし、特に9月以降の国内の健康状態の大幅な改善と高い予防接種率により、第4四半期から大幅な回復が見込まれます。現在、人口の75%以上が2回の注射を受けています。 COVID19。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。