絶対に取り入れるべき5つの日本の儀式

茶道、お風呂、指圧… これらの日本の儀式は日本文化の一部です. それらは体だけでなく心を浄化するために使用され、ストレスを和らげ、特定の病気からあなたを癒します.

茶道

お茶は9世紀に僧侶によって日本に伝えられました。 “と呼ばれる 茶の湯「この儀式の間、私たちは宗教的に緑の抹茶パウダーで緑茶を準備します. 後者には治癒特性があります。 これを行うには、落ち着いて瞑想プロセスに身を置く必要があります。 通常、所要時間は 45 分以内です。 目的は、平和を見つけるために体と心を完全に浄化することです。

家を最大限に活用するには、このように部屋を飾ります 風水禅の雰囲気を作ります。 お茶セットをきれいにしてから、茶碗に抹茶パウダーを入れます。 水を沸騰させずに加熱してから、ボウルに注ぎます。 最後に、すべてを竹の泡立て器で軽く泡立てます。 もちろん、これはすべて平穏に行われます。私たちはテレビの電源を切り、携帯電話を忘れます。

日本のお風呂

日本文化に固有の入浴の儀式は、「心を洗う」ことを可能にします。 このお風呂は「神湯」と呼ばれています。 浴槽は木製で保温性に優れています。 お湯の温度は 42 度で、筋肉をリラックスさせ、毒素を排出します。 エッセンシャル オイルと花びらを加えて、五感をくすぐります。 ただし、このお風呂は洗うためのものではありません。 また、入る前に、石鹸で洗い流し、肌をすすぐ必要があります。 これで彼は暑さに備えます。

シャワーを浴びてから、熱いお風呂に入ります。 エッセンシャル オイル、花、バス ソルト、または柑橘類を加えます。 明かりを消し、ろうそくを周りに置きます。 リラックスを保証します。

お香

ドー島、または香の儀式は、600年に日本で生まれました。 お香は香りが人気なのはもちろんですが、スピリチュアルな面でも重宝されていることをご存知ですか? お祓いのように、身も心も清めると言われています。

お好きな香りとお香を選んだらマットにひざまずきます。 電源を入れて、その香りをお楽しみください。

指圧

伝統的な中国医学にインスパイアされたエネルギッシュなアートは、タッチを使用して体のエネルギーのバランスを取り直し、不足している領域と過剰な領域の間で生命エネルギー「気」を回復させます。 そうすれば、落ち着きと安らぎを感じ、集中力が 10 倍に高まるのを感じるでしょう。

首をもみほぐし、指先でしっかりと主張して、たまった緊張をほぐします。 次に、閉じた握りこぶしで肩を軽くたたき、緊張をほぐします。 最後に中指で眉根元を軽くたたいて顔と肌の緊張をほぐします。

ボディをブラッシングして乾かします

リンパブラッシングとも呼ばれるこの儀式は、次の内容で構成されています。 天然繊維のブラシで全身をこする. リンパ循環を刺激し、毒素の排出を促進するために、完全に乾いた肌で実践されます。 これが、死んだ皮膚細胞を取り除き、細胞の再生を刺激する方法です. 日が経つにつれて、肌が柔らかく透明になり、セルライトが減少します。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。