網易がベテランの小林博之氏(カプコン)を採用

日本のプロデューサーである小林博之は、27年間の献身的な仕事の後、カプコンを離れて網易に入社しました。

龍が如くスタジオ(セガ)のカリスマ名越俊博を引き抜いて名越スタジオを設立し、家庭用ゲーム機を中心に世界中にリリースするハイエンドタイトルを制作し、中国の巨人であるグラスホッパー・マニュファクチュアの買収により須田剛一ことスダ51を獲得した。 網易 もキャッチ 小林博之 3月末以降:

詳しい解説は後ほど行いますので、お楽しみに。 新しい社会、新しい時代に向けて、皆様により楽しいエンタテインメント体験を提供できるよう、これからも邁進してまいります。

で27年間を過ごした名プロデューサー カプコン彼は最初のバイオハザード ゲームでプログラマーとしてのキャリアをスタートさせました。 その後、小林博之は三上真司のディノクライシスライセンスのプロデューサー兼プランナーを務めました。 この昇進により、彼はデビル メイ クライ、デビル キングス、Killer7、ドラゴンズドグマ、ガイスト クラッシャーなどの多くのオリジナル プロジェクトを監督できるようになります。 日本のパブリッシャーでの彼の最後の注目すべき業績は、カプコンの知的財産を Netflix ストリーミング プラットフォーム向けにアニメ化したものを追跡したことです。

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。