緊急事態に直面し、ウクライナ連邦の慈善財団は新たな動員を呼びかける

今日の午後発表された声明の中で、ウクライナ馬術連盟 (UEF-CF) によって設立された慈善団体は、国際的な馬術コミュニティからの新たな寛大さを求めています。 プレスリリース全文はこちら。



「ウクライナでの6か月にわたる戦争は、人々とその家族に破壊と苦しみを残しました。 戦争は、ウクライナのライダー、アスリート、トレーナー、獣医、鍛冶屋、ブリーダーの命、夢、希望を破壊しました。 多くのライダーとその家族は、馬を連れて、またはすべてを置き去りにして、ウクライナの内外に逃げています。 多くの人が自由のために戦うために国防軍に参加したり、他の人を助けるために志願したりしました。 ウクライナの騎手は自分の馬の世話をするためにあらゆることをしてきましたが、時には自分自身の幸福を犠牲にし、命を危険にさらしています。 この間、西側の馬術界はウクライナのライダーをサポートし、ウクライナの馬の安全を確保してきました。

残念ながら、秋が近づいてもウクライナにはほとんど安心できません。 人道的ニーズは高まり、食料と燃料の価格は上昇し、経済は縮小し、人々は基本的なニーズや家族の世話をする余裕がありません。 多くの地域で、絶え間ない攻撃により、熱、電気、水がなくなる危険にさらされています。 馬にとって、これは食料不安、主要な福祉問題、飢餓のリスクが高い、または戦争地帯の真ん中に行き着くことを意味します. 同時に、困難な経済状況、インフレのリスク、深刻なエネルギー危機により、西側民主主義国の注意がウクライナからそらされています。」

「春に、私たちはパニック、途方もない不確実性、絶望の時期を経験しました。 私たちは前例のないほどの団結と支援を目の当たりにしてきました。 ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、オーストラリア、日本、そして世界中の人々が電話に出て、私たちを助けてくれました。 現在、戦争はウクライナだけでなく、民主主義世界全体に重くのしかかっています。 ウクライナの人々が生き残り、秋と冬に希望を失わないように、ウクライナを支援するためのサポートとコミットメントを維持し、強化することは、大きな課題です。ウクライナ馬術協会の慈善財団の創設者、ミハイロ・パーホムチュクは言う。

「戦争の最初の日から、多くのスポーツ団体や動物保護団体が支援してくれました。 私たちは協力して、重要な獣医用医薬品と機器がウクライナの馬獣医師に届き、馬の健康を維持するために使用されるようにしました。 5,000 頭以上の馬がいる 2 つの厩舎は、人道支援 (飼料、干し草、設備) を受けています。 ウクライナでは500頭以上の馬が移動、避難、または収容されており、数百頭の馬が海外に安全な避難所を見つけました。 何百人ものライダーが、ヨーロッパで馬術スポーツの宿泊施設と雇用を見つけるための具体的なサポートを受けています。 ウクライナのアスリートは、トレーニングを継続し、国際大会でウクライナを代表するためのサポートを受けました。 これらすべては、世界の馬術コミュニティのメンバー、国際馬術連盟連帯基金、ウクライナの英国馬術連盟、アメリカ馬術連盟、いくつかの民間財団や慈善団体、そして全国の連盟、クラブ、馬の慈善団体。」



1トンあたり最大200ユーロの干し草…

「ウクライナの馬術スポーツの状況は壊滅的です。 2022 年夏に私たちの財団が行った調査では、厩舎の半数が耐寒性を備えていないことが示されています。 彼らは干し草を入手して保管することができず、ウクライナの 150 から 200 の厩舎で 4 から 5,000 頭の馬が深刻な飢餓の危険にさらされています。 最も危険にさらされている地域は、深刻な経済問題に加えて、採掘された畑、破壊された機械や設備などの軍事行動によって引き起こされた障害が干し草の収穫と輸送を妨げている戦争地帯と解放された地域の近くです。 干し草の価格は非常に高く、一部の地域では 1 トンあたり 200 ユーロに達しており、これは 2021 年のウクライナの最低月額賃金です。 ウクライナの馬産業と馬術スポーツを復活させるには多大な努力が必要です。 2022年は、ほぼすべてのスポーツイベントが中止になり、多くのスポーツ施設や繁殖施設が被害を受け、馬が移動し、日常生活が中断されました。 戦争は、馬術コミュニティと同様に、国全体の健全性と幸福に壊滅的な影響を及ぼします。」

「戦争は、私たちが過去の世代で達成したすべてのもの、馬術国家として誇りに思っていたすべてのものを傷つけました。 やり直しと再構築は長いプロセスであり、多くのリソースが必要です。 馬術インフラへの損害の範囲はまだマッピングされていません。 施設を再建することはできますが、私たちは今、私たちの人々とトラウマ的な出来事を経験した人々、特に子供たちに焦点を当てなければなりません. 私たちは、退役軍人や心に傷を負った子供たちがヒポセラピーやリハビリテーション プログラムを通じて助けやサポートを受けられるクラブや厩舎のネットワークを作りたいと考えています。ミハイロ・パーホムチュクは続けます。「多くの研究は、人間と馬の絆が感情的な癒しを促進し、心理的な回復力を高めることを示しています. この可能性、馬の超大国をウクライナのために利用しよう。」

「UEF-CFは、被害の修復には何年もかかること、そして最も困難な時期はまだ来ていないことを認識しているため、ウクライナのライダーを引き続きサポートします。 これは、西側世界の継続的な支援なしには不可能です。 UEF-CF は、馬の安全を確保するための対策を既に計画しており、戦後の復興について話し合いを始めています。 UEF-CF は、馬術選手、クラブ、スポーツ組織、馬保護組織を団結させ、ウクライナとウクライナの馬術コミュニティとの連帯の約束を更新し、将来に焦点を当てるよう呼びかけています。 ウクライナ人は、メンタルヘルスとリハビリテーション対策を開始し、スポーツ活動を再開し、馬の福祉活動を継続するための支援を必要としています。」




Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。