緊急通報 911 – 幼児から高齢者まで – ストレスと妊娠

子供に緊急サービスの呼び方を教える、老人ホームにいる子供、妊娠中のストレス

安全性

119 番通報: 子供にとっては簡単ではない

緊急事態が発生した場合、子供たちは命を救うために行動を起こすことができます。 しかし、カナダの調査によると、彼らは常に正しく反応する準備ができているわけではありません。

研究者は、4 歳から 9 歳までの 50 人の子供に、緊急事態における彼らの反応を評価するためのシミュレーションに参加するよう依頼しました。 彼らは、調査した子供たちの 91% が、緊急サービスの支援が必要な状況を特定することも、近くに置かれた携帯電話を使用して 119 番通報することもできないことを発見しました。

しかし、これらの状況でうまく反応するように 3 歳以上の子供に教えることは可能である、と研究者は述べています。 緊急時に子供が適切に対応できるように準備するためにできることは次のとおりです。

  • 誰かが危険にさらされたり重傷を負ったりした場合の対処法をお子様に説明してください。 緊急事態の例を挙げたり、シミュレーションを実行したりしてください。
  • スマートフォンを充電したまま、お子様が知っている場所に保管してください。
  • パスワードをバイパスして緊急電話をかける方法を彼に教えるか、パスワードを教えてください。
  • Siri などの音声アシスタントを使用して 119 番通報する方法を説明します。
  • 彼が電話を使えない場合の対処法を提案します (例: 近所の家に行く)。
  • フルネーム、住所、その他の基本的な情報を言うことができることを確認してください。

ソース: 母性小児科オタワ警察サービス

家庭生活

お年寄りの寂しさを癒す赤ちゃん

日本の老人ホームは、居住者の孤独を和らげる独自の方法を見つけました。赤ちゃんと幼児を募集しています!

昨年以来、4 歳未満の 32 人の子供が、日本の南西に位置する都市、北九州市の老人ホームに通いました。 親に付き添われた幼児は、廊下を散歩し、居住者と交流し、喜んで話しかけたり抱擁したりします。

いくつかの研究によると、他の世代とつながることで、高齢者がより多くの話をしたり笑顔になったりするのに役立ちます。 これらのタイプの相互作用は、孤独感を軽減するだけでなく、認知機能の低下を遅らせ、血圧を下げ、高齢者の病気のリスクを軽減する可能性があります.

幼い子供たちも、個人的および社会的発達を改善するため、これらの高齢者との接触から恩恵を受けるでしょう. 実際、彼らの両親によると、住居へのこれらの訪問は、子供たちがそうする機会になるだろう. 社交する。

日本では、家族の規模が縮小し、高齢者は以前より孤立していると感じています。 したがって、このようなイニシアチブは、世代間のつながりを促進する上で興味深いものです。

ソース : ニューヨークタイムズ

妊婦

妊娠:ストレスのジェットコースターに注意

妊娠中のストレスは正常ですが、ストレスが大きく変動すると、赤ちゃんが生後数か月でネガティブな感情を示すリスクが高まる可能性があることが、アメリカの研究で示されています。

いくつかの研究で、 妊娠中の慢性的なストレスだけでなく、ストレスの日々の変動も子供の発育に影響を与える可能性があると研究者は強調しています。 したがって、生後 3 か月までに、静かな期間が散在する激しいストレスの期間を母親が経験した赤ちゃんは、悲しみ、不安、または絶望に関連する行動を示す可能性が高くなります。

母親が感じるストレスレベルが極端から極端に変化する場合、母親の生活環境が不安定であることを示している可能性がある、と研究者は説明しています。 これは、赤ちゃんの発育に影響を与える可能性があります。 実際、出産前の母親の経験は子供に影響を与えます。

研究者は、医療専門家は出生前の訪問中に母親のストレスレベルを評価する必要があると考えています. ストレス管理にも取り組む必要があります。

これらの結論に到達するために、研究者は 72 人の妊婦に 14 週間にわたって 1 日 4 回までストレスレベルを報告するように依頼しました。 子供が生後 3 か月のとき、子供の行動を説明するアンケートに記入する必要がありました。

妊娠していてストレスを感じている場合は、ストレスを解消する 5 つの方法をご覧ください。

ソース: CTVニュースサイエンスデイリー歩兵

また読む:


 

2022 年 9 月 29 日

キャスリーン・クイヤール

生まれ育つ

写真: GettyImages/BrianAJackson、kohei_hara、Moyo Studio

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です