総務会はイランに関する決議を可決した

国際原子力機関(IAEA)の理事会のほとんどの加盟国は、宣言されていない3つのイランのサイトに存在するウラン粒子の起源に関する宣言の欠如を非難する決議に賛成票を投じました。

>>IAEA理事会の定例会議でのベトナム
>>イランの原子力発電:米国が何らかの形で行動すれば、取引は間近に迫っています “論理”






6月6日にウィーンで開催されたIAEA理事会のオープニングでのIAEA事務局長RafaelGrossi(左)。

写真:AFP / VNA / CVN


「IAEA理事会は、ドイツ、フランス、英国、米国が後援するイランに関する決議を可決した。 30名の知事が賛成票を投じ、2名が賛成票を投じました。 (ロシアと中国) に対して、3(インド、リビア、パキスタン) 棄権。 言い換えれば、人類の半分以上を代表する国々はこの決議を支持しなかった」と語った。ウィーンの国際機関にロシアの常駐代表であるミハイル・ウリヤノフがツイッターに書いた。

上記の決議案は、6月7日火曜日にIAEA理事会に提出された。 ミハイル・ウリヤノフは当初から、ロシアはこのイニシアチブを支持しないと発表した。 それ以来、イラン外務省は、この決議の可決が核合意の回復に関する交渉を台無しにするだろうと指定した。




イランはIAEAに協力するよう促した

欧州連合と米国は、イラン当局に対し、IAEAと協力して、3つの紛争地でのウラン粒子の起源を明らかにするよう求めたとEUと米国の当局者は6月8日水曜日に代表団による声明を発表した。

「私たちはイランがIAEAと完全に協力することを要請します。そうすれば、IAEAは、イランの核開発計画が完全に平和であるという必要な保証を提供することができます。」EU代表団からのプレスリリースによると。 「EU加盟国は、フランス、ドイツ、英国、米国が推進する決議を強く支持し、他の理事会メンバーにそれを支持するよう呼びかけます。」

「イランがこれらの問題を明確にし解決するためにIAEAが必要とみなす情報と文書をIAEAに提供することは極めて重要である。」 ドキュメントをレイアウトします。 ローラ・ホルゲー​​ト米国大使は、この決議は政治的な理由でイランとの対立をエスカレートさせることを意図したものではないと強調した。

IAEA事務局長のRafaelGrossiは、月曜日(6月6日)に、イランはこれまで3つの紛争地でのウラン粒子の起源に関する信頼できる情報を当局に提供できなかったと述べた。 この点で、彼は、これらのオブジェクトに関連するIAEAの核保障措置の問題を未解決であると述べた。

Rafael Grossiが指摘したように、IAEAは、IAEAの理事会での決議の議論の結果として、論争のある問題に関するイランとの協力が縮小されることを期待していない。


TASS / VNA / CVN

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です