若いケベック人の 57% がネットいじめを経験しています

モントリオール — オンライン保護会社マカフィーが委託した調査によると、10 歳から 18 歳までのケベック市民の半数以上 (57%) がネットいじめを経験しています。

しかし、若いケベック市民の 22% だけが助けを求めました。 それどころか、別の 22% は、状況を両親に秘密にしていたと述べています。

マカフィーの広報担当者は、「子供が実際にこの種の事件を報告し、親がこの種の行動に直面した場合に対応できるように、オープンな環境を維持することを試み、維持することが重要であり、私たちは保護者にこれを行うことを奨励しています」とマカフィーの広報担当者は述べています。ラム・ソン・グエンは言った。 そしてそれは「10 歳から」、つまり、最初のネットワーク デバイスを受け取った年齢からです。

ケベック州の親の 78% が、子どもを守るために具体的な措置を講じていると答えていますが、世界全体では 85% です。 これらの介入には、面接 (66%)、電子機器の監視 (53%)、校長との面会 (28%)、セラピー (11%)、転校 (8%) が含まれます。

ソーシャル ネットワークの西部開拓時代

ケベックの数値は高いように見えるかもしれませんが、オンラインでいじめられている子供の割合は、カナダ (60%) や世界 (63%) の平均よりも低くなっています。

カナダでは、子供たちは主に、侮辱された (46%)、何らかの形でソーシャル メディアから除外された (34%)、またはデマの対象になった (20%) という事件を報告しています。 さらに、25%が人種的動機によるいじめを受けたと言われています。 ただし、これらのケースは一度しか経験できません。

より深刻な形では、若いカナダ人の 11% が性的虐待や身体的脅迫を受けたことがあると述べています。 セクシャルハラスメントを経験したことがあると答えた人はさらに多い(14%)。

この研究で特定された他のいじめの形態は、「トローリング」(自分の楽しみのために故意に対立を扇動する)、「ドキシング」(名前、住所、学校など、誰かを特定できるようにする情報を公に開示する)、および性的指向またはアイデンティティの開示。

全体として、カナダの若者の 24% が、ネットいじめを避けるためにソーシャル メディア アカウントを既に削除していると答えています。

カナダでは、Facebook は、ほとんどの子供がネットいじめを経験 (59%) または目撃 (48%) するプラットフォームです。 これに僅差でメタ社傘下のインスタグラム、ユーチューブ、ティックトック、ツイッターが続く。

意識の欠如

「ほとんどの場合、ネットいじめは子供の環境から発生します」とグエン氏は言いました。 それは校庭で始まり、インターネット全体に広がります。

実際、カナダの若者の 52% が、虐待者を個人的に知っていると答えています。 しかし、一部の人は偽のアカウントの背後に隠れて知人を標的にしているため、この割合は実際にはさらに高くなる可能性があります.

オンラインでいじめられたことがあると認めた若いカナダ人は 14% にすぎませんが、過半数 (53%) は、質問で「いじめ」という言葉が使用されていない場合でも、侮辱や排除などの特定の行動をとったことを認めています。

「10 代の若者を相手にするとき、中傷的な発言をしやすいのは事実です」と Nguyen 氏は回想します。 問題は、それがソーシャル ネットワークで共有されると、雪だるま式になることです。 ある人がその発言をし、それが別の人に取り上げられ、別の人に取り上げられ、すぐにそれがギアになります。

この調査は、カナダ、米国、フランス、英国、ドイツ、メキシコ、ブラジル、オーストラリア、日本、インドの 10 か国から 11,687 人の回答者を対象に、2022 年 7 月に MSI-ACI 社によって実施されました。 オンライン アンケートは、最初に保護者自身が記入し、次に子供たちに 2 番目の部分を記入するよう求めました。

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。