英国のように、世界中の君主制はうまくいっています

エリザベス2世女王は、6月2日木曜日からプラチナジュビリーを祝い、政府で70回目のジュビリーを迎えます。 祝賀会は英国全土で4日間計画されています。 しかし、最も有名な王冠の頭は、唯一のアクティブな君主ではありません。 あらゆる形態の君主制体制を含めると、世界の44か国、つまり地球の20%強が影響を受けます。 この数は非常に安定しています。

>>エリザベス2世のプラチナジュビリー:7つの地図と図表での治世の70年

教皇は君主の一形態であるため、世界中で王、エミール、スルタン(オマーン、ペルシャ湾など)、皇帝(日本など)、またはバチカンのような特別な事件が見られます。 この44か国の数は、すべてが主権者としてイングランドの女王を持っているため、連邦を構成する15か国も考慮に入れています。

ヨーロッパは君主制が最も多い大陸であり、欧州連合の6つ(ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、デンマーク、スウェーデン、スペイン)を含む合計11の政権があります。 しかし、ヨーロッパでは立憲君主制について話します。厳密に言えば、統治者には政治的権力がありません。 これらの国はすべて、国政を運営する並行して民主的に選出された政府を持っています。

世界の他の2つの最も影響を受けた地域である中東とアジアでは、状況は大きく異なります。 主権者がすべての権力を集中させる多くの準絶対君主制があります。 象徴的なケースは、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、またはカタールです。 君主の力もモロッコの中心です。

エリザベス女王に加えて、他の主権者は非常に長い間権力を握っています。 彼女は70年の治世で最年長です。 次は、54年の権力を持つブルネイのスルタンです。 ブルネイは、インドネシアのボルネオ島の先端にある非常に小さな領土です。5,000km²ですが、石油が多く、したがって富がたくさんあります。 Hassanal Bolqiahは76歳で、スルタン、首相、国防相、財務大臣などのすべての権限を持っています。彼はかつて非常に裕福でした。実際、彼は世界で最も裕福な男としてランク付けされました。 彼の宮殿はバッキンガムの3倍の大きさで、車が大好きです。彼は5,000以上を所有しています。

次に、デンマークのマルグレーテ2世女王が登場します。彼女は、81歳で、50年間王位に就いています。 それは英国のような立憲君主制です。 彼女は個性的です:時折芸術家、詩人、デザイナー、画家、情熱的な考古学者、多言語、フランス人と結婚し、1、000年の挑戦されていない男性の支配の後にデンマークで王位に就いた最初の女性…

最後に、アフリカのスワジランドのソブーザ2世の事例を引用する必要があります。 彼がこの世にいなくなったとき、彼は1982年まで82年間統治し、エリザベス2世女王より12年長くなりました。これは絶対的な記録です。 彼は生後わずか6か月で戴冠しました!

これらの君主制はすべて、異議を唱えることが禁じられている絶対主義政権であるため、またはイギリスや北ヨーロッパの場合のように君主制が人気があるために持ちこたえています。 近年のタイのように、まだ活況を呈しているところがあります。

連邦の特別な場合もあります、これらの15カ国はイギリスの女王の権威の下にあります。 ひび割れがあります。 2021年の秋、カリブ海の小さな島バルバドスが分離し、共和国になりました。 他のいくつかの国は疑問に思い始めています:他のカリブ海の島々とカナダやオーストラリアのようなより大きな国。 あなたは今日までエリザベス2世に忠実であり続けますが、後継者には当てはまらないかもしれません。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です