躊躇するのにうんざりしていませんか? この日本のコーヒーショップは、顧客の生産性を高めるためのソリューションを見つけました

Manuscript Writing Cafeは、作家、脚本家、マンガ家の出会いの場であり、生産性を高めるためにあらゆることが行われています。 方法は少し厳しいです…しかし、それは実を結んでいるようです!

時々、私たちは書いたり、描いたり、素晴らしいフレスコ画に乗り出したり、俳句を作ったりしたいと思っています…そして私たちは紙やコンピューターの前に到着しました、 Instagramをスクロールしたり、Vintedにたむろしたいという強い衝動を抱く可能性が高くなります…私たちは何か他のものに乗り出し、私たちの創造的な熱は過ぎ去ったようです。

ManuscriptWritingCafeではそれは不可能です。

東京にあるこのコーヒーショップ 今では世界中で知られています 生産性の面でやや特別な方針のために:そこで働く著者は彼らが彼らの仕事を終えたときだけ去ることができます!

無制限のコーヒーと厳格な監督の下で働く

不気味ですよね? それは、この場所がどのように機能するかを説明するに値します。 到着時に、各顧客は登録し、目標と到達にかかる時間を示す必要があります。

消費量に応じて支払うのではなく、費やした時間に応じて、最初の30分は130円(91セント)、その後は1時間ごとに300円(2.10ユーロ)を支払います。

あなたは本当にあなたの中世の物語の最後の章をやり遂げたいですか、それともあなたの論文のためにこの魅力的な3時間のインタビューを気を散らすことなく書き写し終えたいですか? Manuscript Writing Cafeは、必要な焦点、良好なWiFi接続を提供し、重要ではありませんが、 無制限のコーヒーと紅茶。

あなたも持っているでしょう あなたの仕事の進捗状況の検証の程度の選択適度 (お支払い時にどこにいるか尋ねられます)、 正常 (私たちはあなたが1時間ごとにどこにいるかをチェックします)または 強い (サーバーは定期的に締め切りを通知します)。 あなたの結果は上司によってさえ表示されます。

先延ばし防止カフェ原稿ライターカフェ東京

作家の川井拓哉さんが作ったカフェは、10席しかありません。 「コーヒーはソーシャルメディアで人気があり、人々はルールが彼らを怖がらせるか、彼らが見られているように感じると言います。」 川井拓也氏はロイターに語った。 「しかし、私は彼らを見る代わりに、彼らをサポートするためにここにいます…彼らが1日でできると思ったことは3時間で完了するか、3時間かかるはずのタスクが1時間で行われます。」 »»

そのように? モデルは説得力があります 原稿カフェを書く 先延ばしの苦痛を克服するには?


また読む:

先延ばしに屈する12の正当な理由

画像の著作権:Pexels経由のKetut Subiyanto

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です