連邦準備制度理事会の後、東京は値を下げて取引を開始

東京 (awp/afp) – 米国連邦準備制度理事会 (FRB) が前日、2024 年までの利下げを除外する積極的な提出書類を発行した後、木曜日の取引開始時の東京株式市場は下落しました。

主力の日経指数は 12:50 GMT 頃に 0.91% 下落して 27,064.43 ポイントとなり、より広範な Topix 指数は 0.72% 下落して 1,906.96 ポイントとなりました。

予想通り、FRB は水曜日に 3 か月連続で金利を 0.75 ポイント引き上げました。

しかし何よりも、米国中央銀行のコースの継続は、ウォール街の投資家、ひいては木曜日の東京証券取引所の投資家を不安にさせました。

FRB メンバーの大半は、金利が来年 4.5% を超えて上昇し (現在は 3% から 3.25% に上昇)、2024 年まで金利が下がるとは予想していませんが、金融市場は 2023 年の下半期からの緩和が期待されています。

価値観について

ソフトバンクグループがサムスンと会談:日本のハイテク投資大手ソフトバンクグループ(-2.01%、5,343円)の孫正義最高経営責任者(CEO)が韓国を訪れ、サムスンとマイクロプロセッサを専門とする日本のグループの子会社であるアームとの間の戦略的提携の可能性について話し合う予定、複数のメディアが水曜日に報じた。

SoftBank Group は Arm をアメリカの Nvidia に数万ドルで売却しようとしたが、この巨大な取引は過度の規制上のハードルにより 2022 年初めにキャンセルされた。 その結果、ソフトバンクグループはアームを証券取引所に戻すことを計画しましたが、金融市場の現在の状況を考えると、このプロジェクトも複雑になっています。

石油と通貨の側で

木曜日の朝のアジアの石油は、米国でブラックゴールドの需要が軟化する中、前日に下落した後、わずかに下落しました。 00:25 GMT 頃、アメリカの WTI のバレルは 0.3% 下落して 82.69 ドルになり、北海ブレントのバレルも 0.3% 下落して 89.56 ドルになりました。

外国為替市場では、連邦準備制度理事会の後、日本銀行の非常に緩和的な金融政策が継続される可能性が非常に高い数時間前に、円はドルに対して下落し続けました。

この米国と日本の金融政策のギャップの拡大により、日本の通貨は米ドルに対して 24 年ぶりの安値まで数か月間下落しました。

0040 GMT までに、ドルは水曜日の 2100 GMT の 144.06 円から 144.30 円に上昇しました。

一方、欧州通貨は前日の141.72円から141.56円に下落し、前日の0.9837ドルから1ユーロ安の0.9812ドル。

etb/cn

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。