過疎農村地域向けに日本で開発された自動運転ミニバス

テクノロジー会社

栃木県(東京都北部)は、民間企業と提携して、完全自動運転の無人ミニバスを開発しました。 3月上旬、この地域の小さなコミュニティであるMibuでデモが行われました。

2020年以降、過疎化した農村部の労働力不足を克服し、バスの通過頻度を増やすことで身体の不自由な人々(高齢者、障害者など)の移動を促進することを目的として、定期的なテストが行​​われています。

「ABC」(自律バスチャレンジ)と呼ばれるこのプロジェクトは、2025年までに日本のすべての過疎地域で実施される予定です。

(下のリンクのビデオを参照してください。放送から プライムオンライン2022年3月3日)。

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

テクノロジー
自動車
会社
過疎
FNN
栃木

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。