野蛮人のXVはほぼ100%トップ14でイングランドと対戦します

ブルースが日本を去る直前に、ファビアン・ガルティエが率いる「バーバリアンズ」は、最後のグランドスラム優勝者に誇りを与えます。

キックオフでは、怪我でシックスネイションズトーナメントに出場できなかったキャプテンのシャルルオリボンを含む10のトリコロールがフィールドに登場します。

「フランス訛りの野蛮人」

トップ14以外の選手は、イングランド代表のジョージ・クルーズ(32歳)だけです。彼は、過去2年間、パナソニックワイルドナイツと日本でプレーしているトゥイッケナムで最後にプレーします。

2014年から2020年までのXVデラローズと引退前の最後の試合で45キャップを獲得した後、彼はサラセンズで肩をこすったラロシェルを拠点とするオーストラリアのウィルスケルトンに加わります。

トップ14の他の外国人選手には、フィジーのセンターレヴァニボティアとジョージアのサードラインベカギガシビリとウィンガーダビットニニアシビリが含まれます。

ベンチには8人のフランス人もいます。

「19人のフランス人選手がいるので、フランス訛りのあるイギリスの野蛮人になります! 非常に若い選手と経験豊富な選手のバランスが取れています」とファビアンガルティエは述べています。

この大会は、7月2日と9日にフランスチームの日本ツアーに招集される特定の選手のために準備されており、そのリストは試合後に発表されます。

XVから

春-ペノー、ヴァカタワ、ボティア、ニニアシュビリ-(o)ハストイ、(m)クイユ-オリヴォン(cap。)、タンガ、クレチン-スケルトン、クルイス-ギガシビリ、ブルガリット、グロス。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。