鈴鹿のホームでのホンダチャンピオン

ホンダ レーシング コーポレーション (HRC) チームは、日曜の鈴鹿 8 時間耐久レース (日本)、世界耐久選手権の第 3 ラウンドで優勝し、本拠地で圧倒的な強さを見せました。

日本の長島哲太、高橋巧、スペインのイケル・レクオナ(彼らにとっては最初のレースだった)は、英国のトリオ、レオン・ハスラム、アレックス・ロウズ、ジョナサン・レイのカワサキよりも8時間で214周(ほぼ1,400km)を完走した。 一回転。

鈴鹿での複雑な 1 週間の終わりに、ヨシムラ SERT MOTUL チームの鈴木は、フランス人のグレッグ ブラックと日本の渡辺一樹という 2 人のライダーだけで構成されていましたが、最終的に 2 周遅れで 3 位でフィニッシュしました。

それにもかかわらず、ディフェンディング チャンピオンは、FCC TSR ホンダ フランスで 10 位に入ったおかげで、総合順位でリードを広げました。 オーストラリア人のジョシュ・フックとフランス人のマイク・ディ・メグリオは、機械的な問題でペナルティを受け、土曜日に入院した英国のチームメイトであるジノ・レアの重大な事故によるショックを受けて、6周後にフィニッシュした。

6 月のスパ フランコルシャン (ベルギー) での勝利の後、BMW モトラッド ワールド エンデュランス チームは、機械的な問題により、レースの前半の直前にリタイアを余儀なくされました。

曲がりくねった鈴鹿サーキットで、45 名の参加者は、雨の中の激しい練習セッションと予選セッションの後、2019 年以来初めてとなるこの 43 回目の日曜の穏やかな天候を利用しました。

しかし、セーフティカーは、印象的な出発後の最初のラップから、最後の1時間の早い段階でYART – Yamaha Official Team EWCとのインシデントまで、何度か介入しなければなりませんでした。

ほとんどのイベントで主要なカルテットのメンバーとして、N.7 バイクはピットに残り、5 周後に 7 位でフィニッシュするという表彰台の希望を放棄しなければなりませんでした。

このレースは、1990 年から 2008 年までの 30 年以上にわたってサーキットを周回した日本人ライダーの青木宣篤 (50 歳) の別れによっても特徴付けられました。

世界選手権の第 4 戦と最終戦であるボルドールは、100 周年を記念して 9 月 15 日から 18 日まで、フランスのル カステレにあるポール リカール サーキットで開催されます。

レースの順位

1stチームHRC、214周

2. カワサキ・レーシング・チーム、あと1周

3.ヨシムラSERTモチュール、2周差

4. S-Pulse Dream Racing 4周

5. 東邦レーシング、あと4周

一般順位(3レース後)

1位 ヨシムラ SERTモチュール 137.5点

2. FCC TSR ホンダ・フランス 104pt

3. YART – ヤマハ オフィシャル チーム EWC 93 pts

4. TATI チーム ベリンジャー レーシング 75 ポイント

5. BMW Motorrad World Endurance Team 64ポイント

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。