長く健康的な生活のための12世紀の原則

荷物をまとめて飛んでみませんか? 沖縄 ? の沖合にあるこの島 日本 百歳以上の人の待ち合わせ場所のようです。 このエリアは「長寿の島「最も長持ちします 素晴らしい平均余命 惑星の:女性のための86年および男性のための78年。 10万人の住民ごとに正確に42人の百歳以上の人がいます…フランスの3倍です!

この群島では、次のような病気も5分の1になります。 、糖尿病または心血管疾患。 そのため、多くの専門家が沖縄の人々の生活様式に興味を持っています。 引用します 鈴木誠、 日本の心臓専門医およびジェロントロジスト。 後者は彼の研究を明らかにする前に70年代に現象を研究しました 沖縄百周年記念研究。 沖縄県民の並外れた長寿は3つの要因によるものであることを示す調査: ダイエット、運動、そして前向きな人生哲学。

「70歳であなたはまだ子供です。80歳であなたはほとんどティーンエイジャーではありません。90歳であなたの先祖があなたを彼らと一緒に楽園に来るように誘うとき、あなたが質問を再考する年齢であるあなたが100歳になるまで待つように彼らに頼んでください。」沖縄の浜辺の岩に刻まれた碑文…

スパイス、ハーブ、果物、野菜…沖縄の人々にとって、すべての食べ物は薬の一種です

沖縄の長寿の秘訣は主に彼らにかかっています 。 この生き方の処方箋は、すべての食べ物が薬の一種であることを意味する「食道源」というフレーズを育んでいます。 または、日本語の命の薬(のちのくすり)の「ぬちぐすい」は、「生命の薬」と翻訳することができます。

沖縄政権は実在する制度のようです。 それは食べ物についてです 半菜食主義者 脂肪が少なく、カロリー計算なしでわずかなカロリー制限が必要です。 課題:理想的な体重(快適に感じる体重)に到達し、より長く健康に暮らせるようにします。 このスキームはに基づいています 12の主な原則。

1-完全に満腹になるまで絶対に食べないでください

「腹八分目」と言います。 それはで構成されています 彼らの空腹の80%までしか食べません。 それは沖縄の本当の文化的習慣です。 具体的には、沖縄の人々はゆっくりと食事をし、一口ごとに味わい、すべての食事を尊重します。

2-カロリー摂取量を減らす

カロリーは低いがビタミンやミネラルが多い食品を食べることです。 私たちはそれらを好むでしょう 魚、海藻、シリアル。 沖縄人は平均して消費します 1日あたり1800カロリー、 フランス人は約2300人、アメリカ人は約2500人。 これにより、心血管疾患を促進する飽和脂肪、精製糖、赤身の肉を避けることができます。

3-1日に7つの果物と野菜を消費します

沖縄は 野菜。 特に評価の高いもの:キャベツ、サツマイモ、ブロッコリー、ズッキーニ、ジャガイモ(沖縄では全色)、ゴーヤ、ニンジン、ビート、マッシュルーム(椎茸)…

4-1日あたり7サービングの全粒穀物および/または豆類と2つの大豆料理を食べる

フランス、沖縄で共有されると、大豆は台所の大きな場所を占めます。 ほぼ毎日消費される味噌汁の主成分です。 マメ科植物の中でも、そばは特にそばの形で非常に人気があります。

5-スパイス、ハーブ、海藻に場所の誇りを与える

沖縄の島ではよく見かけます バジル、コリアンダー、フェンネル、ターメリック、ジンジャー だけでなく海苔、これは牛乳の5倍のカルシウムとほうれん草の7倍の鉄分が豊富です。 ビタミンや抗酸化物質が豊富で、スパイスや海藻は抗炎症作用が証明されています。

沖縄:週3回釣り

6-アルコールを制限する

沖縄の人々はアルコールをほとんど消費しませんが、たくさん消費します水と緑茶。 ソーダと甘い飲み物は省略されています。

7-弱火または蒸気で食品を調理する

私たちとは異なり、沖縄県民はオーブン、電子レンジ、グリルを使用していません。 特権を与えることによって 蒸気 またはたくさんの食べ物を食べる あなたは最大を楽しむ機会があります 栄養素。 実際、野菜を加熱しすぎると、その美徳の大部分が失われます!

8-週に3回魚を食​​べる

沖縄県民は動物性たんぱく質をためらうことはありません。 彼らの世話をするために、彼らは少し肉を食べてそれに頼っています 家禽 特にから 魚類 週に三回。 それらを模倣したい人は、マグロ、サーモン、イワシなどの脂肪の多い魚に頼っています。 特に金持ち オメガ3彼らはあなたの心の味方です。

9-小動物性脂肪と乳製品を消費する

チーズ、揚げ物、加工肉、ヨーグルトは沖縄のメニューにはありません。 動物性脂肪が高血圧、心臓病、癌などの多くの慢性疾患の発症を促進することがわかっている場合、この選択は偶然ではありません。

沖縄:地元の人の皿にほとんど存在しない砂糖と塩

10-砂糖と塩を少し

砂糖と塩は島民の皿にはほとんど完全に含まれていません。 沖縄には工業用デザートはありません。 そして、私たちはキャンディーについてさえ話していません。 全体として、砂糖の消費量はフランスの3分の1です。 沖縄の人々にとってのもう一つのプラス:トリグリセリドとコレステロールのレベルを上げることによって、砂糖は高血圧と心血管疾患を促進しますが、特定の種類の癌(結腸、胃、膵臓、子宮、乳房)の発症も促進します。 砂糖は長寿で韻を踏むことはありません!

塩に関しては、それを制限することもお勧めします。 塩分を食べすぎると、高血圧、胃がん、体液貯留にさらされます。 私たちの現代社会では、私たちは皆、料理を塩漬けにする傾向があります。 また、多くの製造業者は、製品の保存とより良い味を保証することができるため、準備に塩を加えることもあります。 しかし、沖縄には工業用食品はありません。 したがって、住民は過剰な塩分から簡単に逃げることができます。

11-生の食品と調理済みの食品を組み合わせる

沖縄は蒸し物をたくさん食べますが、ローフードも好きです。 生野菜を食べることで栄養素が得られることを知っていると、これはあなたの健康にとって天の恵みです。

12-1日1.5Lの水と1日2杯のお茶を飲む

これが沖縄の長寿の最後の偉大な信条です。 水分補給 健康を維持するために不可欠です。

沖縄の幸せの秘訣

長寿の12の栄養原則に加えて、沖縄の人々は長寿を促進する他の秘密を持っています。 あなたはただ滞在するだけではありません 後でアクティブ (フランスと比較した場合)しかし、何よりも節約はありません 身体活動。 特に沖縄人はそれを知っています 笑顔を保ちましょう!

沖縄では住民の方が活発です

この諸島では、住民は老後まで働き、 散歩 とてつもなく。 彼らは認知能力をより長く刺激するだけでなく、何よりも座りがちではありません。 これらの習慣は彼らの食事を美しく補完し、長い健康的な生活を保証します。

沖縄人は明るい面で命を奪う

それか 静けさ 沖縄を表すキーワードです。 彼らは人生に対して前向きな見方をしており、周囲を公正価値で評価していることで知られています。 彼らはまた、リラックスして簡単な楽しみを楽しむ方法を知っています。 これ 哲学 名前に肯定的: いきがい。 この日本の島から直行する生きがいは、毎朝起きる動機、存在の真の理由、そして最も重要なことに、私たちの存在の目的を見つけることからなる、ファッショナブルな個人的な充実の方法です。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です