難民のカルロスゴーンがレバノンでの生活をどのように再構築したか

身柄引き渡しの脅威にさらされていないレバノンの難民であるカルロスゴーンは、倒れた上司でも逃亡者でもありません。 フランスと日本からの2つの国際逮捕状にもかかわらず 政治家やビジネスマン、科学者、ジャーナリストのサポートを楽しんでいます。 ベイルート**の最も高級な地区の中心にある彼の別荘から、彼は国のエリート**、特に彼がまだほぼ5%を保有している銀行を所有する強力なサラダーグループとの関係を維持しています。 「ここは静かです」と親戚は言います。

日本とフランスの捜査官は、億万長者がオマーンとレバノン全体の大規模な追跡計画の中心にいるのではないかと疑っています。 横領を否定する元ルノー・ニッサンのボスは、約10カ国の弁護士チームに委託された約50の手続きに対処しなければなりません。 毎週、彼は弁護士と一緒にこれらの事件の在庫を取ります。

しかし、彼の弁護には彼のイメージのリハビリも含まれています。 彼は2冊の本を書き、最近、エミラティスのプラットフォームShahidが制作したドキュメンタリーとテレビシリーズに参加しました。、BBCとフランスのプレゼンターArthurの会社であるAlefOneと共に。 彼は彼の脱出の彼のバージョンを与えます。 彼はまた、Kaslikの聖霊のマロナイト大学(USEK)で管理トレーニングサイクルを作成しました。、特に彼の元右腕のティエリー・ボロレが介入している。 各学生は参加するために$20,000を支払う必要がありますが、コースインストラクターによると、CarlosGhosnも彼の講演者も支払われていません。

調査全体を読む:

「難民」のカルロス・ゴーンがベイルートで過ごす時間ラジオフランスの調査ユニットのためのAurélienCollyによる調査。

Secrets d’infoの音楽プログラム:

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。