電動スクーター ヤマハ E01:期待を裏切らない

ヤマハのE01スクーターが見えました。 数周しなくても、そのプレゼンテーションの品質、プロポーションを確認できました。 このヤマハの電動スクーターは、私たちの手に良いカードを持っているように見えました。

テストバイクをヤマハに持ち帰ったところ、E-01電動スクーターを発見することができました。 ヤマハ モーター フランスのスタッフは、モデルがフランス支店のロビーに座っているので、明らかにそれをテストしました。

もちろん、私たちがそれをコントロールしたいということに明らかに非常に興味があるなら、それは不可能でした. このスクーターは、市場への参入を逃したくない日本のメーカーにとって戦略的であり、アイデアが適切な価格で、とりわけ、カタログなどのすでにカタログにあるサーマル提案の信頼できる代替品として提供することであることを知っています。 XMAX 125 または NMAX 125。パリのサーマル二輪車用の有料駐車スペースは、確かに決定アクセラレータとして機能します。 ヤマハのディーラーは、E01 の登場を待ちわびていました。

私たちの意見では、ヤマハ E01 は美しくモダンで非常に滑らかなラインを示しています。 細長く低いシルエットは初期のマジェスティ125を彷彿とさせ、プロポーションはNMAX 125とXMAX 125の中間。 トレーサー 700 とテネレ 700 を連想させるヘッドライト ユニットの照明には、ヤマハの宇宙の記憶が見られます。スイッチはモダンで、部分的に NMAX 125 と同じように見えます。

サドルは、間違いなく慎重に選択されたフルフェイス ヘルメットの収納スペースを隠しています。 オリジナルディテールとして、リアアクスルはショックアブソーバー付きのスイングアームを前方に配置。 ヤマハの 125cc スクーターは常にローリング ソファではなかったので、うまくいけばロード ホールディングと快適性を維持する珍しいポジショニングです…

専用の充電器をサドルの下に置けるのは便利ですが、もちろんスペースは限られます。 パフォーマンスは次のようになります: 最高速度で 100 km/h、自律走行で 100 km。 多くの都会のユーザーや町から少し離れた場所に行く人にとっては、すでにプレイ可能な拠点です。 このスクーターには、日本ブランドに固有の固定バッテリー技術を備えた 8.1 kW モーターが装備されています (セルサプライヤーは開示されていません。LG またはその他)。

自尊心のあるヤマハモデルとして、電動スクーターは乗り心地がダイナミックでなければなりません。 スーパーバイクの公式ライダーであるトプラク・ラズガトリオールは、ハンドルバーにいくつかのトリックを使ってこれを実演しました。同時に、関係者はカストラマの手押し車でスタントを行うことができました…

ヤマハには、理論的に非常に人気のある同等の125cc電動スクーター(A1、Bライセンス)を使用する十分な理由があります。 現時点では、125バージョンのBMW CE-04または125ではないPiaggio Oneを除いて、主に中国のメーカーからの同等の125電動スクーターはあまりありません. 多分それがヤマハがまだ解雇していない理由です…それは長くはありません.

ヤマハ E01 003

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。