電子サーフボード

量子コンピューターは、それらの間で情報をやり取りすることで機能します ノード ネットワーク。 あ」 シャトルバス 「音波の空洞に固有の電子を埋め込む」 水の波に乗るサーファーのように “。

音波を使用する技術は、科学者によく知られています。 ただし、異なる量子ノードからこのトランスポートを同期することは、大きな落とし穴でした。 実際、表面音響波の空間的な広がりは、不要な干渉を引き起こします。 特に量子実験の文脈では、電子の正確な位置があいまいになります。

この新しい技術は、光の代わりに音を使用してレーザーパルスを生成するために使用される技術に似ています。 チームは、レーザー技術に存在する特別なタイプの「チャープ」コンバーターを設計しました。

単一の音波に乗って量子ノードに情報を送信する電子。 新しい「チャープ」変換器 (グレー) は、電子 (赤) を捕捉するための 1 つのポイントで音波パルス (青) を生成します。 チャネル (黄色) を通過するトランスポートは非​​常に正確です。 © 太田俊介

この新しい「チャープ」は音波を圧縮して最小値のみを取得するため、キャビティが 1 つだけの音波が作成されます。 したがって、これは単一の電子を実際の時間精度で輸送できます。

このようにして、複数の量子ノードを 99% の精度で同期できるようになりました。 実際、情報は固定された場所にあるため、常に同時に到着します。 この基盤技術は、レーザーと同様、さまざまな分野での新しい応用が期待できます。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。