電気電池:プラスチック-オムニアムがアクティアの支店を買収

「」この買収のおかげで、Plastic Omniumは新しい技術プラットフォームと最先端のR&Dの恩恵を受けています「、プラスティックオムニウムからのプレスリリースを説明します。

市場の電化に直面し、バンパーとタンクの世界的リーダーであるフランスの機器メーカーは、売上を伸ばすために電気モーターと水素を開発するという野心を表明しました。

プレスリリースによると、グループは昨年春、アクティアの「パワー」部門を5250万ユーロの企業価値で売却するための交渉のみを追加した。

「」買収は2022年第3四半期に完了する予定であり、完全に自己資金で賄われる予定です。プラスティックオムニウムは言った。

2022年末までに25か国に37,500人の従業員、147の工場、47の研究開発センターを持つと予想される機器メーカーは、スコープ1と2でカーボンニュートラル、つまり生産からの直接排出とエネルギー消費の達成に取り組んでいます。 (全体の11%)。

エリア3の中立性、i。 H.製品の使用に起因するサプライヤーからの排出量は、2050年までに達成されるべきである。

しかし、プラスティック・オムニウムは、市場シェアを拡大​​し、生産を調整することを目的としたセクターである燃料システムを放棄していません。

Actia Powerは、トラック、バス、電車、建設機械の電気自動車用の車載バッテリー、パワーエレクトロニクス、電化システムの設計と製造を専門としています。

トゥールーズを拠点とするグループは現在、フランス、ドイツ、英国、米国で200人を雇用しており、2021年に2,200万ユーロの売上高を達成しました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。