非常に重要(2022 年 10 月の短期ビザと検疫の場合)

この記事は、10 月 11 日から日本への旅行を計画しているすべての人にとって非常に重要です。 この情報は、2022 年 9 月 22 日の首相の声明に従います。

日本のローカルニュースが厚生労働省情報センターに連絡 2022 年 9 月 23 日 午前中に。 目的は、このページの読者の主な関心事の 1 つと思われる次の 2 つのポイントを確認することでした。

  • 受付住書の申請方法は変わりますか? ワーキングホリデービザや専門職ビザなどで必要な手続きです。 ?
  • 予防接種はどうなるの?
  • 子供にはどのような手続きがありますか?

厚生労働省の対応について

首相の発表により、ワーキングホリデービザ申請や専門職ビザなどに必要な受付住書の取得が必要な EFRS の手続きが変更されますか? ?

なしでできますか
受付マネージャー
PVTビザの場合?

この点については、厚生労働省も情報提供をお待ちしております。 彼は、10 月 11 日前後に日本への渡航を計画しているすべての人に、現在と同じ手順に従うようアドバイスします。 このため、

  • 滞在国の日本大使館で予約をしてください。
  • 必ず受入機関に手続きを依頼してください。

手順は変更される可能性がありますが、変更は 10 月 11 日以降になる可能性があります。

ビザ取得のチャンスを逃さないためには継続が大切 別の方法で行う可能性があることを示す次の発表まで、現在の手順に従ってください。

予防接種はどうなるの?

チャートは必ずある
ワクチンや PCR 検査は完了していますか?

日本のローカル ニュースがこの記事で報じたように、首相の声明はビザの手続きに関するものにすぎません。

このため、厚労省は質問に対し、現時点で予防接種やPCR検査の規制を変更しなければならないと示唆する情報はないことを確認した。

現在、または10月の新たな措置後、公式発表がない限り、以下のルールに従って日本に入国する必要があります。

子供の検疫手順は?

に関する規則
子供の予防接種
日本に入る

日本のローカルニュースは、保健省との予防接種の年齢を確認する機会を得ました.

  • 同居している18歳未満のお子様は、保護者が日本で定義されている予防接種を3回受けていれば、予防接種証明書は必要ありません。
  • 親が予防接種を受けていない場合は、PCR検査を受ける必要があります。 ただし、6歳未満の場合、各国の規制によりPCR検査の例外があります。

これらの詳細を説明する公式リンク:

検疫規則のリマインダー

出身国によっては、検疫期間はワクチン接種状況によって異なります。 青い国(フランスを含む)から来る人は、日本到着時に検疫する必要はありません。 ただし、接種状況によっては、3回接種証明書またはPCR検査の提示が必要です。

国の分類は次の場所にあります。

注意: 2022 年 9 月に、日本に出発する前に、ワクチン接種を受けていないすべての人に PCR 検査が義務付けられます。 ただし、3回の予防接種を受け、日本政府が認めた証明書で予防接種を証明できる人は、渡航前にスクリーニング検査を受ける必要がなくなりました。

基本的に、「赤」と「黄」の国の検疫期間は、以下のグリッドに従って定義されます。 検査結果が陰性である限り、検疫を終了するためのルールは次のとおりです。

接種回数 検疫オフ
赤い国の
黄色い国の検疫
0回、1回または2回
または、認識されていないワクチンでより頻繁に。
検疫施設での 3 日間と、その後の薬物検査。 陰性の場合は、検疫を離れることができます。 自宅または同等の5日間。
早く出発したい場合は、次のことができます。
– 検疫の 3 日目からいつでも 1 回の PCR 検査または定量的抗原検査を行い、MySOS アプリに陰性結果を報告します。
どこ
– 検疫の 2 日目に 1 回の定性抗原検査と 3 日目に 1 回の定性抗原検査を行い、陰性結果を MySOS アプリに提出します。
3回(ワクチンが日本で承認されている場合) 自宅または同等の5日間。
早く出発したい場合は、次のことができます。
– 検疫の 3 日目からいつでも 1 回の PCR 検査または定量的抗原検査を行い、MySOS アプリに陰性結果を報告します。
どこ
– 検疫の 2 日目に 1 回の定性抗原検査と 3 日目に 1 回の定性抗原検査を行い、陰性結果を MySOS アプリに提出します。
検疫の免除。
赤で :それは新しいです。

将来、新たな亜種が出現した場合、これらの措置は再び一時停止される可能性があります。

すべての手順 存在 すべての国 (出国前のPCR検査、宣誓供述書、MySOSの入国、FastTrack、予防接種カード)など。 ただし、青色の国しか滞在していない場合は、MySOSを削除できます。 一旦入国審査。 (成田検疫所からの情報です。)

短期ビザといえば

COVID以前は、観光は大使館を利用して手続きなしで日本に旅行することができました。 許可された滞在期間は90日でした。 入国時に、日本政府は 90 日間の滞在許可証を発行しました。

したがって、これは暗黙の 90 日間のビザに対応し、入国時に 90 日間の居住権に変換されました。

問題は、そのシステムに完全に戻るか、それとも他のステップを踏む必要があるかですが、システムは収束します。

この質問への答えは、どの政権もまだ見ていない公式テキストで詳述されます。 これらの書類を待たなければなりません。

大使館でビザの予約をすでに取っている人は、ルールが公開されるまで確実にそれを保持する必要があります. ビザを申請する国の日本大使館のページを確認する必要があります。

その他の役立つ記事

Info Locales au Japon は、移民に関する記事を日本語からフランス語に翻訳しています。 これらは情報提供のみを目的としています。

  • 国境対策や査証規制に関する記事が、日本のローカルニュースの「移民と国境」のコーナーに掲載されるようになりました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。