韓国と日本のビジネスリーダーは、関係を改善するために対話を呼びかけます

ソウル、5月30日(聯合ニュース)-韓国と日本のビジネスリーダーは月曜日に、緊張した二国間関係を緩和し、経済協力を強化するために交渉を行うよう政府に促し、両国は「関係に熱心ではない」と強調した。 」。

後者は、オンラインとオフラインの両方で開催された年次総会の終わりに採択された共同声明でこれを求めました。 経済界は、経済交流を回復し、歴史的および貿易問題をめぐる2つの隣人間の長年の論争を解決するのを助けることに熱心です。

尹錫淵(ユン・ソクヨル)新韓国政府は、両国の国民の利益になると信じている二国間関係を回復することの重要性を強調しているため、二国間関係を改善する可能性は現実的である。

プレスリリースは、「韓国と日本の深刻な関係が経済活動を妨げており、関係を改善するための措置と、これらの関係を悪化させることはもはや許されないという理解を歓迎する」と述べた。

「両国のビジネスマンが自由にそして自信を持って経済活動に従事できるように、両国政府間の対話が進むことを期待している」と声明は付け加えた。

声明はまた、両国が環境、エネルギー、脱炭素化、低出生率、高齢化などの多くの共通の責任を共有しており、両国間の協力が「さらに重要」であることを強調しています。

性奴隷制や強制労働など、1910年から1945年にかけての朝鮮半島の植民地支配に関連する問題の中で、両国の関係はここ数年で最悪のレベルにまで悪化した。

日本は、2019年以来、韓国の技術産業に不可欠な工業材料の韓国への輸出に対する制限を維持しています。

日韓経済協会(KJEA)が主催する第54回日韓経済会議は、二国間の経済協力を促進し、植民地時代の過去をめぐる両国間の長年の確執を和らげるために、1969年以来毎年開催されています。

今年の会議には、両国から約260人のビジネスリーダーが集まりました。 サムヤンホールディングスのキム・ユン最高経営責任者(CEO) KJEAの理事と韓国国際貿易協会のKooJa-yeol会長は、約160人の韓国人ビジネスマンの1人でした。

佐々木幹夫、三菱商事取締役会会長約100名の日本人参加者には、アサヒグループホールディングス株式会社の小路明善会長が含まれていました。

イベントに参加した韓国のアン・ドクグン商務大臣は、両国の企業が貿易と投資を支援してくれたことに感謝し、企業が「前向きな経済貿易協力を発展させる」ことを約束した。

次の会議は来年ソウルで開催されます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です