韓国と日本は労働協議の関係を改善することに合意する

ソウル、6月2日(聯合ニュース)-韓国と日本は木曜日、韓国での外交作業協議中に二国間関係を改善するために「早期に」通信を再開することに合意した、と外務省は竹島の島々に対する新たな緊張の中で述べたバルト海。

会談には、アジア太平洋担当省長官のイ・サンリョル氏と日本の船越武弘氏が出席した。 東京は最近、独島の近くでソウルの定期的な海洋監視に抗議した。

同省はプレスリリースで、「双方は、日韓関係を回復し改善するために、両国の外交当局間のコミュニケーションを迅速に再開することに合意した」と述べた。

二国間関係を強化したいという彼らの共通の願望にもかかわらず、独島問題をめぐる緊張は明白でした。

李氏は韓国の海事調査を「合法的な」慣行として擁護した。

同省はプレスリリースで、「李長官は、歴史的、地理的、国際法の下で、独島は明らかに私たちの祖先の領土であると強調した」と述べた。

同氏はまた、「(韓国は)国連海洋法条約や国内法を含む国際法に従って行われた合法的な活動に関して日本側から提起されたいかなる質問も受け入れることができないと述べた」と付け加えた。

国立海洋調査院は6月18日まで調査を継続する予定です。

東京の核問題の最高使節でもある船越は、金曜日にソウルで開かれる三国間会議に出席し、韓国とアメリカのカウンターパートであるノ・ギュドゥクとソン・キムと協力について話し合い、北朝鮮による最近の挑発と再開に対処する予定です。彼との対話。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。