韓国はコスタリカに牽制され、日本は展開する

韓国は、金曜日にコスタリカとホームで 2 対 2 で引き分けました。

グループ H でポルトガルと首位に立っている韓国は、トッテナムの孫興民の遅いフリーキックを待たなければならなかった (85 分)。

フリーキックは、ゴールキーパーのエステバン・アルバラードがボックスの外で手でボールをつかんだことで有罪判決を受けた後、解任された後に行われた.

高陽スタジアムのピッチで、韓国はファン ヒチャン (28 分) の枠内シュートで幕を開けた後、若いストライカー、ジュイソン ベネット (18 歳) のブレースで勝利し、この夏からプレミア リーグにサンダーランドが加わったことで、ビジターがビジターを上回った。

最後にワールドカップ出場権を獲得した「ティコス」は、背中の痛みに苦しむ経験豊富なゴールキーパー ケイラー ナバス (パリ SG) なしでプレーした。

コロンビアのコスタリカのルイス・フェルナンド・スアレス監督の選手たちは、スペイン、ドイツ、日本が含まれるグループEで、3回連続で6回目のワールドカップに出場する準備をしています.

「私たちの目標は、最初の 20 分間はディフェンスを維持し、その後、ゲームの残りの部分でスケールを傾けることでした。 コスタリカの監督はこうコメントした。

デュッセルドルフでは、ワールドカップを控えた 2 つの国の別の対決で、日本が米国を 2 対 0 で破りました (鎌田大地は 26 位、三苫 薫は 88 位)。

金曜日のゲーム:

ウズベキスタン – カメルーン 2 – 0

韓国 2 – 2 コスタリカ

日本 – アメリカ 2 – 0

(18:00) イラン – ウルグアイ

(19:00) カタール v カナダ

(20:00) サウジアラビア – エクアドル

(午後 9 時) チリ – モロッコ

(20:30) ブラジル-ガーナ

(02h00) アルゼンチン – ホンジュラス

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。