韓国大統領はNATO首脳会合を訪問したい

AA/イスタンブール

韓国の尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領は、就任以来初めての海外旅行で、スペインで開催される北大西洋条約機構(NATO)の首脳会談に出席する。

地元の通信社聯合ニュースは、大統領官僚(名前は挙げられていない)を引用し、「NATO首脳会合は6月29日から30日にマドリードで開催され、ユンは韓国の大統領として初めて定例会議に出席する」と述べた。

関係者は、「韓国大統領のNATO首脳会合への出席は、就任以来初めての海外旅行であり、NATOの公式招待で出席が決定された」と付け加えた。

「この参加は、NATOの同盟国やパートナーとの協力を強化し、価値観と規則に基づく国際システムを支持し、世界のハブとしての韓国の役割を拡大するための重要な機会です」と彼は付け加えました。

サミット期間中、ユンは30のNATO加盟国と、日本、オーストラリア、ニュージーランド、スウェーデン、フィンランド、ウクライナ、グルジア、欧州連合を含むパートナー国との会合に出席する予定です。

同当局者によると、彼はまた、NATO首脳会合の傍らで「主要なヨーロッパ諸国」の指導者とのいくつかの二国間首脳会談を計画している。

ウクライナ当局者との会談の可能性について尋ねられたとき、当局者は「可能性はまだ開いている」と述べた。

聯合ニュースによると、NATO首脳会合は、加盟国が他の世界的な問題の中でもとりわけロシアのウクライナ戦争に取り組む中で、今後10年間の軍事同盟の方向性を設定することが期待されています。

2月24日、ロシアはウクライナとの戦争を開始し、モスクワに対する国際的な怒りと制裁を引き起こした。 ロシアは、ウクライナが主権問題への干渉と見なしている軍事部隊に加わる計画を放棄するようにキーウに促している。

*MounirBennourによるアラビア語からの翻訳。

アナドル通信社が内部放送システム(HAS)を介して加入者に放送する発表の一部のみが、AAWebサイトでまとめて放送されます。 登録はお問い合わせください。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。