音楽、映画、シリーズ…。 韓国がどのようにしてポップカルチャー帝国になったのか


OphelieSurcouf。

S韓国の殺人者。 6月中旬、 ボーイバンドBTSの7人のメンバー、 2013年に結成され(Twitterで4000万人のファン)、休憩してマイクを切るという彼らの決定を発表しました。 グループが世界を征服するために設定された韓国文化の旗となったので、政治においてさえ懸念を引き起こす決定:国際的な成功の無数の例があります…

OphelieSurcouf。


OphelieSurcouf。

S韓国の殺人者。 6月中旬、 ボーイバンドBTSの7人のメンバー、 2013年に結成され(Twitterで4000万人のファン)、休憩してマイクを切るという彼らの決定を発表しました。 このグループは、世界を征服しようとしている韓国文化の旗印になっているため、政治においても懸念を引き起こす決定です。ソウルで製造された製品の国際的な成功の例は無数にあります。 パルムドールと大衆との大成功 “寄生虫” 2019年のポン・ジュノ(フランスでは約200万人の訪問者)による、Netflixでのシリーズの予想外の勝利 「イカゲーム」韓国の美食のためのファッション、前回のカンヌ映画祭での「去る決断」の監督賞、大きな公園のチャヌク(現在は映画館)…

5,000万人の国は、文化と娯楽を通じて影響を与える芸術であるソフトパワーの達人になりました。 として ? 熱心な作家であるジャーナリストOphélieSurcoufの説明、特に 「イカゲーム、シリーズをよりよく理解するためのゲームのルール」 (Ed。コレクションから。)

今日の韓国文化への世界的な影響について本当に話すことができますか?

はい。 この波という言葉もあり、「韓流」と呼んでいます。 韓国の文化、特にその変種であるK-popは、過去数年間、ラテンアメリカと中東で大ヒットしており、これらのグループがスタジアムを埋め尽くしています。 このバンプはヨーロッパに到着します。 私たちの大陸には、BTSほど多くのレコードを販売し、そのクリップがインターネット上で見られるグループはないと思います…そしてアジアでは、日本文化とそのマンガを台無しにした支配的な文化です。

国境をはるかに超えたこの魅力をどのように説明しますか?

その理由の1つは、ポップ、シネマ、料理、シリーズ、美容製品、漫画、ウェブトゥーン(美学とその酸性色に注意してください…もう1つの理由は政治的支​​援です。民間企業)を通じて、この文化に参入する方法が千通りあることです。文化的な製品を作成し、それが機能する場合、政府はそのコンテンツの制作と配布を促進するために最善を尽くします。クリエイティブ産業への投資は20年間莫大です。韓国の州は、代理店を作成しました。 韓国コンテンツ振興院コッカ、 研究やイベントを通じて、この文化を世界的に積極的に推進する責任があります。 La Kokkaは、パリに1つを含む、ヨーロッパにいくつかの代理店を持っています。

「文化を通じて、韓国は中国と日本の2つの巨人の間に独自の方法を見つけました」

この「韓流」の波はいつ形になったのですか?

このプロセスは1990年代後半に始まり、当時K-popグループが突破し、マイケルジャクソンの振り付け、ヒップホップリズム、スカンジナビアのダンスなどがすべて韓国のソースで融合しました。 グローバルであり、すべて韓国人であるという影響を混ぜ合わせることは、このポップカルチャーの特徴です。

これは国の経済にどのような影響を及ぼしますか?

韓流はたくさんのお金、輸出だけでなく、たくさんの観光を意味します。 朝鮮半島は中国や日本の遺産がない小さな国です。シリーズ、映画、クリップの撮影場所は観光地になっています。

韓国はそのクリップとシリーズで元植民地支配者の日本に復讐していますか?

それは私たちがよく耳にする仮定です。 むしろ、世界文化地図の主要なプレーヤーであると主張することによって、中国と日本の2つの巨人の間に座る方法を見つけたと言えます。 現在、韓国はチリのような新興経済国のベンチマークとなっています。 「韓国の夢」の話があります。貧しく、20世紀前半に植民地化され、戦争を経験し、その「ソフトパワー」のおかげで韓国の経済に「娯楽」を負っている小さな国です。世界の力。

音楽から軍隊へ

K-POPグループのBTSの一時的なキャリア凍結には、市民の義務が伴う可能性があります。30歳未満のすべての韓国人は、特に北朝鮮の脅威のために、2年間の兵役を完了する必要があります。 徴兵の見通しは、24歳のBTSメンバーにとってこれまでになく近づいています。 彼らはすでに、2020年に特定のアーティストの年齢を28歳から30歳に押し戻す改革の恩恵を受けています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。