首相は、日本は円安と不況のリスクにより電気料金を削減すると述べた。

岸田文夫首相は水曜日、日本経済に重大なリスクをもたらす円安がインフレと世界的な不況の懸念を助長しているため、家庭や企業の電気料金の高騰を食い止めるために「前例のない」措置を講じると述べた。

政府は 10 月末までに別の景気刺激策を発表する予定であり、その中には電力価格の急騰を直接緩和することを目的としたまれな措置が含まれていると岸田氏は述べたが、詳細は明らかにしなかった。

過去には、政府はガソリン価格を抑えるために燃料卸売業者に補助金を出していましたが、現在、政策立案者は、価格上昇を抑えるために現金支払いや公共料金補助金などの新しいアイデアを投入しています。

国民の支持率が低下する中、岸田氏の与党は、インフレと戦うために少なくとも1,000億ドルの新たな支出パッケージを検討している.

「ロシアのウクライナ侵略によるエネルギーと食料価格の上昇は、円安と世界経済の減速に対する懸念と相まって、経済にとって重大なリスク要因です。 日本です」と岸田氏は語った。

日本の首都東京の消費者物価は9月の2014年以来最速のペースで上昇し、政府のデータは月曜日に示した。これは、円が24年ぶりの安値に急落し、すでに上昇している輸入コストに加えて、家計への負担が高まっていることを強調している.

食品からエネルギーに至るまでのすべてのコスト上昇の痛みを和らげるために、日本の政策立案者は企業に賃上げを促しています。

岸田氏の上級経済諮問委員会の 4 人の民間部門顧問は、大企業が経営陣と今年初めの労働組合。

これにより、現在15兆円にのぼる需給ギャップを埋めることができると、彼らは勧告で述べた。

ロイターが世論調査したアナリストは、経済が今会計年度に1.9%成長すると予想していますが、世界的な需要の弱さにより、2023年にはよりゆっくりと成長すると予想しています。

理事会のメンバーは、政府は中小企業が政府の支援を受けるための条件として賃上げを行うべきだと述べた。 彼らはまた、その多くがサプライチェーンのサプライヤーである中小企業は、コストを大口顧客に転嫁すべきだと述べた。

岸田氏は水曜日、日本にとってはインバウンド観光の回復、日本へのビジネスの帰国、農産物輸出の発展を通じて経済の回復と円安を組み合わせることが重要であると述べた、と岸田氏は述べた。

野党議員が日本銀行(日銀)の超緩和政策に疑問を投げかけたとき、岸田氏は、特定の金融政策行動は日銀の責任であると述べた. ($1 = 144.4400 円) (小宮勘太郎とダニエル・ロイシンクによる報告、金子香織と梶本哲による追加報告、クラレンス・フェルナンデスとキム・コグヒルによる編集)

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です