首相官邸近くで男が放火

地元メディアによると、水曜日(9月21日)、東京の日本の首相官邸の近くで、殺害された安倍晋三元首相のために9月27日に予定されている物議を醸す国葬に抗議する男が放火を試みた.

日本のメディアによると、男性は多数の火傷を負い、入院した。 彼の状態はすぐにはわかりませんでした。

関連項目 – 何千人もの人々が、殺害された前首相の葬儀に反対して日本でデモを行った

安倍晋三への国民的賛辞が彼の行動の理由になるだろう

今朝07:00(フランス時間00:00)に警察官が交差点で火傷を負った男性を発見したとの連絡を受けました日本の首都の中心部にある首相官邸と官邸を収容する複合施設である官邸の近くで、政府のスポークスマンである松野弘作氏は定例記者会見で語った。 しかし、彼はそれ以上言いたくなかった:詳細は現在警察で確認中です“。

事件の直後に現場に到着したAFPのカメラマンは、道路脇の小さなエリアで草や茂みが部分的に燃えていることを発見し、近くには警官やジャーナリストが集まっていた.

日本の通信社共同通信によると、男はまだ意識があるまま病院に運ばれ、警察は安倍晋三の国葬に強い反対を表明するメモを現場に残したとされるものを発見した。 伝えられるところによると、70代と主張する男は警察に、自分にガソリンをかけ、火をつけたと語った。

安倍晋三元首相は昨年7月に暗殺された。

日本のナショナリスト右派の象徴的で物議を醸す人物である安倍晋三は、2020年に健康上の理由で権力を離れました。 彼は 7 月 8 日、西日本の奈良で選挙集会の最中に 67 歳で射殺されました。

事件直後に逮捕された暗殺者とされる山上哲也は、「統一教会に対して個人的な恨みを抱いている」と語った。月宗安倍氏が関係を持っていると語った人物だ。 この暗殺事件は日本中、そして世界中に広まった。 しかし、現在の岸田文夫首相との事前の協議なしに安倍晋三の国葬を執り行うという決定は、日本で前例のない不承認の波を解き放った。

安倍晋三氏は、日本の首相としての在職期間の記録を更新しました (2006 年から 2007 年、そして 2012 年から 2020 年の間に約 9 年)。 彼は、彼の熱心な外交活動と経済回復の野心的な政策で国際的に知られており、「」と呼ばれていました。アベノミクス“。

しかし、多くの人が彼のナショナリストの考えと平和主義の日本国憲法を改正したいという彼の願望を暗い目で見た彼の国では、彼は満場一致ではありませんでした. 彼の評判はまた、顧客主義の多くの事例によって傷つけられていました.

安倍首相が本当に良い人で、多くの人が国葬を主催することに抵抗を感じず、国葬に値すると感じたなら、話は別だ。「水曜、東京で小さな反政府集会に参加した69歳の杉浦博之さんはAFPに語った。 日本では珍しい葬式反対のデモがここ数日増えている。 そのうちの1人は、月曜日に東京で数千人を集めました。

日本の岸田文夫首相は、安倍晋三氏への国貢と、統一教会と自民党 (PLD、保守政権) の選出議員との間の多くのつながりについての一連の暴露で批判されてきたが、夏から人気がとろけます。 彼の前の安倍晋三のようにPLDの大統領でもある岸田は、水曜日に東京に出席しなかった.彼は国連総会に出席するために前日にニューヨークに飛んだ.

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です