(第2回LD)次期大統領の代表団が東京を訪問

SEOUL、4月24日(聯合ニュース)-尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領の日本との政治協議の代表団が本日東京を訪れ、4月27日に岸田文雄首相と会談すると報じられた。

代表団はチョン・ジンソク国会議長を含む7人で構成され、5日間の滞在を主導する。 これはユンが米国に続いて海外に派遣する2番目の代表団です。

チョン氏は、日本の成田国際空港に到着した後の記者会見で、岸田文雄大統領から日本の岸田首相への個人的な手紙を受け取ったと述べ、「日本との新しい関係に対する大統領選挙の願望と彼の期待日本からの肯定的な反応がこの手紙に含まれるだろう」と語った。 彼は詳細を伝えたくなかった。

彼はまた、次期大統領の就任式に出席する決定は相手国によってなされたものであり、彼はこの問題について連絡をとっていないと述べた。 岸田文雄との打ち合わせについては、「答えを待っている」とのこと。

代表団は、外務省、政府、企業、メディア、日本の学術部門の代表者と会談し、両国の関係と将来の協力政策についての見解を話し合った。

岸田首相との会談の前に、代表団は明日林芳正外相と会談する。 彼女はまた、安倍晋三前首相と菅義偉首相に会う予定です。

一部のオブザーバーは、5月10日にソウルで予定されている尹錫淵の就任式のために日本の首相が韓国を訪問することは、日本の対話者との話し合いの対象になる可能性があると信じています。

過去、日本の首相は、盧泰愚(1988)、盧武鉉(2003)、李明博(2008)などの韓国大統領の就任式に出席した。 しかし、両国の現在の関係が悪化していることを考えると、岸田文雄の韓国での追放を見るのは容易ではないだろう。

代表団と日本の対話者が、第二次世界大戦中の日本帝国陸軍の性的奴隷制、在日コリアンの強制労働、両国間の首脳会談の開催などのデリケートな問題について話し合うかどうかはまだわからない。

大統領選挙は昨日、代表団の長に、「二国間関係の発展のために、両国の元首間の信頼を回復することが重要である」と語った。 簡単な方法は、二人の自由との交流を強化することだ」と語った。

2019年9月に日本政府によって課された韓国への輸出制限と2020年のCovid-19パンデミックの発生以来、両国間の人的交流はほとんど中断されてきました。 経済紛争前は、隣国を訪れる韓国人と日本人の観光客は毎年1000万人でした。

代表団は、2020年3月以降のパンデミックにより日本の入国制限により中断された両国からの旅行者のビザなし入国の再開、およびソウルの金浦空港と東京の羽田空港間の航空サービスの再開について話し合う可能性が高い。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です