1日に少なくとも4杯のお茶を飲むと、2型糖尿病を予防できます

お茶を大量に飲む理由は他にもあります。 8 か国の 100 万人以上の成人を対象としたメタ分析の結果によると、1 杯のお茶が 2 型糖尿病の発症リスクを軽減するのに役立ちます。

紅茶の摂取と死亡リスクの低下との間に正の関連性があることを確認した後、このトピックに関する新しい研究結果が、現在ストックホルムで開催されている欧州糖尿病学会の年次総会で発表される予定です。 これらの結果は、異なる種類のお茶 (紅茶、緑茶、ウーロン茶) を 1 日 4 杯以上飲むと、2 型糖尿病の発症リスクが 17% 低下することを示しています。

提示された研究は、8 カ国 (中国、米国、日本、フィンランド、英国、シンガポール、オランダ、フランス) の 100 万人を超える成人を対象とした 19 のコホート研究のメタ分析です。 研究者は、さまざまな種類のお茶、お茶の摂取頻度 (1 日 1 杯未満、1 日 1 ~ 3 杯、1 日 4 杯以上)、性別、研究場所が糖尿病の発症リスクに与える影響を分析しました。

調査結果: 毎日 1 杯のお茶を飲むと、2 型糖尿病を発症するリスクが約 1% 低下します。 考慮されたすべての要因 (お茶の種類、消費頻度、参加者の性別と国) のうち、お茶の量だけが影響を与えるようでした.

ポリフェノールで説明?

詳細を調べるにはさらなる研究が必要ですが、研究者らは、お茶に含まれるポリフェノールが血糖値の低下の原因である可能性があると説明しました. このため、大量のお茶、したがってポリフェノールを消費することは、健康にプラスの役割を果たす可能性があります.

ただし、著者らは、彼らの研究は決定的な証拠ではなく、関連性を表していると述べています. 彼らはまた、データは消費されたお茶の量に関する主観的な情報に基づいているため、研究参加者による誤りの可能性があることを指摘しています.

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。