10,000 ユーロの素敵な誕生日プレゼント





はい、あなたはそれを正しく読みました! 創立60周年を盛大に祝うために 彼の最初の木製シェル付きヘルメットの 25 周年と同様に、 オーディオテクニカは、この分野で究極の贅沢を創造することを決定しました。 Audio-technica ATH-W2022 は、メーカーが想像した中で最も高価なヘッドセットですが、何よりも職人技の傑作です。

音を貴重にする芸術

このクローズド ヘルメットの豪華でユニークな側面を否定することはできません。 オーディオテクニカ ATH-W2022 の最大の特徴は、高品質のミズメ貝である白樺です。 ちなみに、この素​​材は、このエッセンスを使用したブランド初の木製ヘルメット ATH-W10VTG へのオマージュです。 その後、フォステクスのTH900などのハイエンドモデルですでに使用されている複雑なプロセスである漆ニスでスケールをコーティングし、木材に軽くて光沢のない外観を与えます.

オーディオテクニカ ATH W2022 01

この最初の段階が完了すると、アーティストは 2 つのデザインを (手で) 描きます。左側の船体に桜 (日本の桜)、右側の船体に鳳凰です。 この絵は、蒔絵と呼ばれる別の漆技法を使用して実行されます。 したがって、船体に対するこの単純な職人の仕事は、私たちが通常目にするものをはるかに超えています。
それに加えて、快適さと耐久性のためにブランドが選んだ素材であるスエード製のヘッドバンドとクッション (イヤーカップの周り) を追加します。 オーディオテクニカは、明らかに金属製 (アルミニウムまたはマグネシウム) のヘッドフォンの構造に関する情報を提供していません。

オーディオテクニカ ATH W2022 05

ATH-W2022 の究極の洗練の証として、木曽ヒノキと白桐で作られた手作りの収納ボックスが付属し、すべて厚手の黒革で覆われています。 2 本の 3m 7N 銅線ケーブルが標準で付属しています。1 つは 4 ピン XLR コネクタ付きのモデル、もう 1 つは 1/4 インチ ジャック ソケット付きのモデルです。

日本のダイナミックトランスデューサの最高峰

ご想像のとおり、日本の会社は健全なアーキテクチャを無視していません。 ここで、Audio-technica は、ヘッドホンのクローズド デザイン用に特別に開発された、まったく新しい 58 mm ドライバーを使用します。 これには、全体がチタン製で厚さわずか 30 ミクロンの中央ドームと、積層鉄製の磁気構造 (背面) が含まれます。 ブランドによると、この構造はトランスデューサの背面にかかる起電力の影響を低減します。

オーディオテクニカ ATH W2022 04

すべての卵を脇に置くために、メーカーは、非常に優れたオープン モデル ATH-ADX5000 用に開発された Core Mount Technology に再び依存しています。 このやや不思議なプロセスは、スピーカーの配置を最適化し、すべての周波数範囲で空気の流れを最大化します。
残りのポイント、特に音の詳細は、今のところよく謎のままです. 私たちはオーディオとアートの交差点にいるので、これらのヘッドフォンのターゲットがオーディオマニアだけではないことは明らかです。 気になる方はAudio-technica ATH-W2022が全世界100本限定のモデルで、価格は1000円前後で発表されていることを知っておきましょう。 10,000ユーロ.

ON-mag およびその他の Web で興味を引く可能性のあるその他の記事


オーディオテクニカ

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です