11 月 25 日から、オクシタニアは日本のリズムに合わせて生きます – LOURDES-ACTU

11 月 25 日から、オクシタニアは日本のリズムに合わせて生きます

ジャパンウィーク・イン・オクシタニア (SJO) の初版は、11 月 25 日から 12 月 2 日まで開催されます。 数十の活動が友情、発見、経済発展に捧げられています。

公式イベント、スポーツ、経済、教育、研究、生活芸術、美食、文化、日本とオクシタニアの友好とビジネスの関係は、11 月 25 日から 12 月 2 日までのこの初版の機会に主賓を迎えて祝われ、強化されます。そして日本の偉大な専門家、リチャード・コラス。

イベントの運営は、グループのキャロル・デルガが議長を務めるオクシタニー地方の伊原純一駐フランス日本国大使の多大な後援の下、遊女協会(日本語で「友情」を意味する)に委ねられました。マリー=フランス・マルシャン=ベイレが議長を務めるデペッシュ財団は、このイベントのイニシアチブと、在マルセイユ日本国総領事館との協力により、

その目的は、「オクシタニアの同胞に日本文化の豊かさと洗練を紹介し、国民間の友情の絆を強め、学術的および経済的交流を強化することです」と主催者は説明しています。

すでに強い結びつき: オクシタニアは、日本との貿易において最もダイナミックな地域の 1 つです。 これらは 2017 年から 3 倍になっています。 それらは、航空宇宙、ロボット工学、食品、再生可能エネルギーなど、多くの分野に影響を与えます。 さらに、50 を超える日仏文化およびスポーツ協会がこの地域をネットワーク化しています。

最も重要な会議:

11 月 25 日金曜日午前 9 時:

ホリバ、楽天、サカタ、アシックスなど、オクシタニアに本拠を置く日系大手企業との座談会。 モンペリエ ビジネス スクール (2300 Avenue des Moulins – 34080 Montpellier)

11 月 26 日(土)午前 11 時:

モンペリエ国際関係院での開会式

(14 rue Descente en Barrat 34000 Montpellier – Esplanade Charles-de-Gaulle の終点)、在フランス日本大使の井原純一閣下、Marie-France Marchand の Occitanie Region の社長である Carole Delga の出席の下で- Foundation Groupe Dépêche の会長である Baylet 氏と、主賓であり日本を代表する専門家である Richard Collasse 氏。

11 月 27 日 (日) 午前 11:00 と午後 3:00:

セットの海女博物館で海女展(海女)の開会式(午前11時~関係者専用)

(1 rue J​​ean Vilar – 34200 Sete)

リージョナル ハウス オブ ザ シーでの円卓会議 (午後 3 時) (2 Quai Philippe Régy – 34200 Sète)

12 月 2 日金曜日、午後 6 時 30 分: シテ トゥールーズでの閉会式 (55 avenue Louis Breguet – 31400 Toulouse)

また、10 月から 12 月の間にオクシタニアで 150 以上のイベントが開催されます。

詳細はこちら https://semainejaponoccitanie.fr/

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です