17人が負傷し、1人の容疑者が逮捕された

東京の電車の乗客をナイフで攻撃し、日曜日に発火した男が逮捕された。

東京の電車の乗客をナイフで攻撃し、日曜日に船内で火事を起こした後、男性が逮捕されたと地元メディアが報じ、重傷者1人を含む17人の負傷者を報告した。 機内で撮影され、ツイッターに投稿されたビデオは、パニック状態の乗客が列車に急いで、炎を逃れ、煙が馬車に入るのを示しました。

別のビデオは、日本の首都の西部郊外にある駅の窓から、廃止された京王線の列車を避難する乗客を撮影したものです。 共同通信は15人が負傷したと述べたが、公共放送NHKは、重傷者1人を含む17人の負傷者を報告した。60代の男性である。

「」ハロウィンイベントだと思いました»»

ニュース報道によると、20代と思われる攻撃者は、ナイフで人々を攻撃し、電車に身元不明の液体をこぼして発火した。 彼は殺人未遂で逮捕されたと伝えられている。 AFPに尋ねられたとき、警察はコメントを拒否し、京王電鉄は次のように述べた。怪我を伴う事件東京の西部郊外、国領の近くで20:00(11:00 GMT)の直前に発生しました。

「」最初はハロウィンのイベントだと思いました。 しかし、男が長いナイフを持ってやって来たとき、私は逃げました「無傷で逃げた乗客にAFPを伝えた。 攻撃者は少しも感情を表に出さずに行動を起こしました。」機械的のみある乗客は次のように付け加えた。みんな怖かったと思います「。攻撃の直後、数十人の消防士と警察官が現場にいました。

攻撃者は少しも感情を表に出さずに行動を起こしました。」機械的のみある乗客は次のように付け加えた。みんな怖かったと思います「共同通信によると、容疑者は捜査官に「人々を殺し、死刑を宣告されたかった「彼はまた、電車に軽い液体をこぼしたと彼らに話しました。

日本では珍しい現象

攻撃は、日曜日に総選挙を組織していた国の投票所が閉鎖されたとき、そして日本列島で非常に人気のあるハロウィーンの真っ只中に起こった。 銃規制が非常に厳しい日本では、暴行はまれです。

しかし、8月には、東京の公共交通機関に対する攻撃がさらに2回発生しました。 8月初旬、日本の首都で開催されたオリンピックで、別の通勤電車へのナイフ攻撃で10人が負傷しました。 その後、8月24日、首都の地下鉄駅で2人が硫酸火傷を負った。 どちらの場合も、容疑者である日本人はその後まもなく逮捕されました。

も参照してください- 日本の岸田文雄新首相は誰ですか?

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です