18歳の日本の若者は、次の総選挙で投票する意欲がありますか?

日本の日付

政治

10月4日に日本で100番目の首相に就任した吉田文雄氏は総選挙を呼びかけた(10月31日予定)。 国の将来に責任を持つ若い日本人は、選挙権を行使するのだろうか? 彼らが投票したり、投票に行ったりする理由は何ですか?

岸田文雄首相は、10月14日に衆議院(衆議院)の解散を発表し、今月下旬に新たな選挙が予定されている。 18歳の日本のティーンエイジャーは投票したいですか? 日本財団はこの問題を調査しました。

世論調査では、総選挙での「投票する」と「投票する可能性がある」の回答の合計は55.2%に達し、2017年の前回の選挙での18〜19歳の投票率40.49%をはるかに上回っています。60以上男性の%が投票する意向を表明しました。

投票の理由として最も多いのは、「投票は公民権である」が55.5%、「投票は公民権である」が46.4%でした。 「私はこれらの選挙の特定の問題に興味があります。 »は11.7%を受け取りましたが、«私は政党を支持します»は回答の3.2%を受け取りました。

対照的に、投票しない理由として最も多いのは、51.0%が「退屈だから」で、22.5%が「忙しすぎて時間がない」でした。 そして、若者の最大14.7%が「私は政治に興味がない」と答えました。

若者の選挙への参加率を高めるためにすべき改革や改善について、最も多く言及された回答は「スマートフォンでオンライン選挙を可能にする」で、64.1%でした。 また、「選挙は若者に影響を与える問題に取り組むべきである」との回答は47.5%、「候補者と選出された公務員の中には若者が増えるべきである」が47.3%と回答し、若者に機会を創出する必要があることを示しています。より個人的に関与していると感じるために。

この調査は、全国の17〜19歳の若者916人を対象に8月にオンラインで実施されました。 10月末までに18歳になる17歳の人だけが考慮されました。

(表紙写真:ピクスタ)

政治
国会議事堂
選択
民主主義
世論調査
若い

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です