2つのジャンプと約束に満ちた

彼らはテニスの最も壮観な形のいくつかをプレーし、ついに認知を得ています。 全仏オープンの歴史の中で初めて、車いすテニスの選手がフィリップシャトリエコートで試合をしました。 4月4日土曜日の深夜、第1シードと第2シードのオランダ人ディーデデグルートと日本の上地結衣の間で女子決勝が行われたのは、この神話の舞台でした。 ディーデデグルートが勝ちました (6-4、6-1)そして25でパリの粘土で彼の3番目のタイトルを取りました。 女子車いすテニスダブルスの決勝でも2人は対峙。

男子部門では、車いすテニスの伝説である国枝慎吾(38)が全仏オープンですでに7つのシングルスタイトルを獲得し、10年後輩であるアルゼンチンのグスタボ・フェルナンデスを3セット(6- 2、5-7、7-5)2時間30分以上のプレイ時間の後。

前日、2人の男は、男子ダブルスの準決勝で一緒に優勝することで、(あまりにもまばらな)チャトリエの群衆にすでに才能を示していました。 フランス人カップルステファン・ウデに対して-ニコラ・パイファー、7-6、6-1のスコアで。 決勝では、アルゼンチンと日本人がイギリスのデュオ、アルフィー・ヒューエットとゴードン・リードに会います。

交換、良い気分とオープンな笑い

最高を超えて 車椅子の競技者を強調し(これにより、2022年版の全仏オープンで女子シングルスと男子シングルスの参加者が増えました:これまでのところ12対8)、トーナメントは、前年度と同様に、テイスターデー「車椅子のすべて」で、この分野をよりよく知ってもらいましょう。

6月3日金曜日、スザンヌランランから目と鼻の先、9番のクレイコートで、4つのミニコートに変身し、多くの人が車いすテニスに挑戦しました。障害があります。

言葉の本当の意味で、良い気分で、時には笑うための交換の機会。 テニスのジェスチャーをマスターしているが、同時に車椅子でボールにたどり着くのに苦労している人もいれば、日常の「乗り物」でぐるぐる回っているがテニスラケットを少し借りている人もいます。

また読む: 購読者のために予約された記事 よりプロ意識を求めてフランスの車いすテニス

「手にラケット」、 出席した教師の一人は、両手で椅子をボールに向かって押しながら、反射的に膝をついた若者を思い出します。 車いすテニスの技術的特徴である、2回目のリバウンドの可能性への関心をすぐに理解します。

この記事の61.03%を読む必要があります。 以下は加入者専用です。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です