2018年に日本で姿を消したティファイン・ベロンの兄の執拗な捜索

メンテナンス – の中に “ティファイン、どこにいるの?»ダミアンとシビル・ベロンに、姉妹に何が起こったのかを知るためのフランスと日本の間の戦いについて話します。 彼らは特に日本の警察の慣性を非難している。

ティファイン・ベロンは、2018年7月29日日曜日、東京から北に150キロ離れた小さな山間の町日光で姿を消しました。 この36歳のフランス人学校助手は、日光の神殿を訪ねようとしていました。 組織的で整然とした30歳の彼女は、旅の細部まで準備を整えていました。何よりも、彼女は毎日訪れたい場所をすべてリストアップしていました。

彼女のトレイルは彼女が滞在したホテルで失われました: “タートルイン日光による。 2018年7月30日月曜日の朝、彼の持ち物(スーツケース、衣服、パスポート)はすべて彼の部屋で見つかりました。 の中に “ティファイン、どこにいるの?-6月2日にロベール・ラフォンによって出版されました-彼の兄のダミアンと妹のシビルは、彼に何が起こったのかを知るためにフランスと日本の間の戦いを語ります。

LEFIGARO。 -彼女の妹は2018年7月29日日曜日に日光で姿を消しました。 彼女が最後に見たのはどこですか?

ダミアン・ヴェロン。 – 私の妹に会う最後の人はホテル経営者です…

この記事は購読者のみを対象としています。 あなたはまだ90%を発見する必要があります。

あなたの自由を育むことはあなたの好奇心を育むことを意味します。

最初の月は€0.99で記事を読み続けてください

すでに購読していますか? 登録

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。