2022年に選出された5人のモロッコ人

「若者のためのアフリカ ビジネス教育 (ABE) イニシアチブ」プログラムの一環として、今年度は 5 人の若いモロッコ人が選ばれました。 第 5 回アフリカ開発会議 (TICAD V) の勧告に従って開始されたこのプログラムの 8 番目の参加者グループは、アフリカ大陸での成長を支援し、促進するという日本の政治的ビジョンの枠組みの中にあります。人的資本の開発。

2015 年にモロッコで開始されたプログラム「若者のためのアフリカ ビジネス教育イニシアチブ」の第 8 回参加者グループは、9 月 10 日(土)にモロッコ王国の日本大使、倉光英明氏によって歓迎されました。国際協力機構 (JICA) と教育界の著名人。

今年は、このプログラムを通じて 5 人の若いモロッコ人女性が奨学金の恩恵を受け、日本の大学でより高度な修士号を取得し、日本企業でのインターンシップを通じてコースを修了する機会を得ることができました。

「ABEイニシアチブにより、教育と訓練の分野におけるモロッコと日本の協力はさらに強化されました。 このように、77 人の若者が修士号とインターンシップ プログラムのためにすでに日本に出発し、65 人がプログラムを修了し、29 人が現在日本で働いており、31 人がモロッコに帰国し、そのうちの 1 人はモロッコに拠点を置く日系企業に雇用されています。 ., SEは倉光英明氏. 彼は、このプログラムの目的は、アフリカ大陸の産業の発展に効果的に参加できる若いアフリカ人をよりよく教育することだけでなく、アフリカと日本の民間部門との間の経済的結びつきを促進することであると付け加えました.

実際、日本の大学や企業への扉は、このユニークなプログラムの受益者に開かれています。 課題は、彼らが業績を充実させて自国の経済的および社会的発展に貢献できるようにするだけでなく、協力のこの側面を通じて共有された経験を通じて、そこで働く経験豊富な専門家のネットワークを構築できるようにすることです。日本のアフリカへの投資を効果的に支援することができます。

2013 年に横浜で開催された第 5 回アフリカ開発会議 (TICAD V) の提言を受けて、日本政府が資金提供し、JICA が実施する「ABE イニシアティブ」プログラムが開始されました。 各国の国策に沿った戦略的ビジネス分野における人材育成を通じて、アフリカ54カ国の成長を支援・促進することは、日本の政治的ビジョンの一部です。 創設以来、88 の奨学金が王国で授与されました。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。