2022年の世界男女平等ランキング:日本はフランスとカナダに大きく遅れをとっている

日本の日付

社会のジェンダー

2022 年、日本は昨年のランキングの最下位からかろうじて回復しました。 これにより、彼は116位になりましたe ランクは 156 で、他のすべての G7 諸国に大きく遅れをとっています。

2022 年 7 月 13 日に発行された世界経済フォーラム (WEF) の報告書は、政治、経済、教育、健康の 4 つの行動分野における男女平等を分析しています。 インデックスは、2 つの性別の違いの程度に応じて 0 から 1 に変化し、1 は完全に尊重されたパリティを表します。

G7 諸国の中には日本があり、その 116 の加盟国があります。e 場所、最後に死亡。ドイツが最初 (10e)、続いてフランス (15e)、イギリス(22e)、カナダ(25e)、米国(27e)とイタリア(63e)。

男女平等に関する2022年の国のランキング

出典:2022年7月13日付世界経済フォーラム男女平等報告書をもとにニッポン・コムが作成したチャート

政治における女性の代表はどうですか? 日本は議会で9.7%、省庁で10.0%で停滞している。 したがって、女性は全国代表の約 10 分の 1 しか占めておらず、有権者の半分は女性です。 また、過去 50 年間、女性が首相に就任していないことも、日本の順位に大きな影響を与えています。

経済面では、日本は前年よりもさらに落ち込みました(117からe 121でe)。 賃金格差と女性役員の割合の点で、世界平均をはるかに下回っています。

この件に関する他の記事もご覧ください

(表紙写真:ピクスタ)

国際的
仕事
性別
女性
平等な権利
ランキング

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。