2022年ワールドカップ。ドイツの敗戦で波乱の日本

ワールドカップでの 2 つ目の大きなサプライズ: 水曜日にドーハで開催されたグループ E の第 1 戦で、アルゼンチンがサウジアラビアと対戦した後、ドイツが日本を 2 対 1 で下しました。

ドイツ人は、試合前の「政治的」ジェスチャーに気を取られましたか? キャプテンのマヌエル ノイアーと彼のチームメイトは、包括的な「ワン ラブ」アームバンドを着用したことで FIFA が振るった制裁の脅威に抗議して、フリーキックの前に伝統的なチーム写真で口を覆っているとされています。

ハンジ・フリック監督の部下は信念に忠実だった. 彼らのスポーツの確実性を示さなかった。

代表チームが苦しんだからです。 そして午後5時、スペインとコスタリカを含む難しいグループで大きなトラブルに巻き込まれた.

開始から、「サムライ ブルー」は 4 度の世界​​チャンピオンに、電光石火の速さの対戦相手の後の 8 分に前田大善のゴールという形で無料の警告を提供しました。

一方、ドイツはゲームに入るのに 20 分ほど必要でしたが、徐々に主導権を握り、30 分を過ぎるとゲームの勢いがドイツに有利に変わったと考えられます。

アントニオ リュディガー (17 位)、ヨシュア キミッヒ (20 位)、イルカイ ギュンドアン (27 位、29 位) の明確なチャンスの後、日本のゴールキーパー権田修一がペナルティ エリアでダビド ラウムにプッシュした: ギュンドアンはペナルティを変換し、ドイツの支配を具体化した (1 : 0, 33 )。

ブンデスリーガ日本

第2ピリオドも同じペースでスタートし、特にバイエルン・ミュンヘンのナゲットであるジャマル・ムシアラ(51分)からのパワフルだがバーを超えたシュートと、ムシアラから素晴らしいサーブを受けたギュンドアンのポストの外側への別のシュート(60分)で始まった。 )。

ドイツは冷静に見えたが、日本の 1-0 勝利は手の届くところにあり、日出づる国の選手たちは決してあきらめなかった。

数分ですべてが変わりました。 ドイツ人が4発(ホフマンとニャブリが3回)を見たときだけ、73分にゴンダからの見事なセーブによって数秒で撃退されました。 今後数日で、真のゴールスコアラーの不在について再び話します!

ほぼカウンターで、マヌエル ノイアーが 36 歳の用心棒におなじみの見出しで国を救ったが、ベンチにいた日本人の代役はすでに立ち上がり、下のボールを見ていました。

ただのシフトでした。 その後、FCフリブールの堂安律選手が集団コンビネーションで同点に追いつき、ドイツの守備陣を圧倒した(1-1、75分)。

8分後、ブンデスリーガのもう一人の日本人選手、浅野琢磨(ボーフム)がバーの下で強力なシュートを放ち、とどめの一撃を放った(2:1、83分)。 日本人は歓声をあげ、ドイツ人は頭を下げた。 2018年にロシアで開催されたワールドカップで、チームは1回戦でアジアのチームである韓国に敗れ(2-0)、残念ながら敗退しました.

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です