2022年日本外務大臣賞のチュニジア人受賞者3名

在チュニジア日本国大使館は、2022 年 8 月 5 日金曜日の夜、2022 年日本外務大臣賞を受賞したチュニジア人 3 人のリストを発表しました。

この賞は、日本と海外の友好関係を促進するために活動している個人または団体による最も優れた貢献を表彰するものです。」は、受賞者の名前を公表することでメッセージを特定します:ハビブ・ガムラ教授、モナスティルのファトゥマ・ブルギバ大学病院心臓病科部長、ナセフ・ベルヒリアBSBトヨタの執行副社長、商工会議所の事務局長、およびチュニジア・日本産業とヒシャム・ベン・カムサ チュニス・シネマ・ファウンデーションのエグゼクティブ・ディレクターであり、ENVIROFEST TUNISIA の創設者

ハビブ・ガムラ教授

1959年2月、カンタウィ生まれ。
彼のキャリアの中で、ガムラ博士はチュニジアとアフリカで井上気球の使用を広めるのに貢献しました。 この技術は、特に妊娠中の女性に大きな成果をもたらしています。 彼はまた、日本企業と協力して、チュニジアと MENA 地域で日本の医療技術と機器に関するワークショップを開催しました。 医療分野における日本、チュニジア、アフリカの三角協力の推進に貢献したことは間違いありません。

ナセフ・ベルキリア氏

1958年12月、バルドー生まれ。
チュニジア日本商工会議所事務局長
2010 年以来、Belkhiria 氏はチュニジアのトヨタ ディーラー BSB で働き、チュニジア市場でこの日本ブランドを宣伝しました。 2016年よりチュニジア日本商工会議所事務局長として、チュニジアにおける日本企業の進出促進やチュニジア進出企業の支援を通じて、二国間経済関係の強化に貢献。 そうすることで、彼は両国の民間部門の関心を呼び起こし、TICAD8の方向性に弾みをつけることに多大な貢献をしました。

ヒシャム・ベン・カムサ

1960年3月、ラ・マルサ生まれ。
ベン・カムサ氏は、2017年環境映画祭を創設し、宮崎駿作品などの日本のアニメーション映画を上映しました。 2019年、カルタゴ・シネマトグラフィー・デイズにゲスト・オブ・オナーとして日本映画のプロモーションに貢献。 2021年と2022年には、TICAD8の文化プレイベント「Focus JapanⅠandⅡ」の開催に大きく貢献した。 そのため、チュニジアで日本文化を宣伝・普及することにより、日本とチュニジアの関係を強化するために尽力しました。

通信する

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。